ダイエットをして痩せてもくびれが全くできません

   相談投稿日:2018年2月25日

ダイエットをして痩せても、くびれが全くできません。
もともと寸胴気味の体型のせいもあるとは思いますが、腹筋をしてみたり
くびれに効果のあるマッサージや体操をしても全然つくることができません。
ぽっこりお腹が気になってダイエットをすると、お腹の自体は減ってスッキリするのですが、
くびれができるわけではないので、とても悩んでいます。
やはり、もともとの骨格や体のつくりなども影響しているのでしょうか?
同じように悩んでいる方で、ダイエットをしてくびれが出てきたという方がいらっしゃれば、
ぜひその方法を教えていただきたいです。

    みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    補正下着を使ってみては?

    痩せてもくびれができないということは、お尻が小さいのではないでしょうか?
    ウエストが細くても、胸やお尻のサイズに差がないと寸胴に見えてしまいますよね。
    あなたのおっしゃる通り、骨格や筋肉の付き方は個人差があります。
    あなたは普段からガードルやウエストニッパーなどを使っていますか?
    腹筋をしてお腹自体は痩せているということは、横腹に贅肉が付いているということですよね?
    であれば、補正下着を活用して体にくびれのクセを付けるようにすればいいと思います。
    ウエストニッパーや、ガードルでもハイウエストのものもあるので、試してみてください。




    0



    0
  2. 2. 名無しのイケジョさん

    フラフープ体操と脇腹を鍛える

    元々痩せやすいのですね。
    羨ましいです!

    お腹がスッキリしているのならある程度鍛えればすぐにクビレはできると思います。
    フラフープを使ってストレッチしてみてください!
    程よいクビレができると思います!

    次に試してほしいのは脇腹を、鍛える筋トレです!
    横に寝て上半身をおこすという簡単なもので大丈夫です!
    脇腹をある程度鍛えればクビレは自然と現れると思います。

    もちろん、今までやってきたことが無駄だとは思わないのでクビレの体操・マッサージ・腹筋の筋トレは継続してみてもいいと思います!
    効果が出るまで時間がかかるかもしれませんが、諦めずに頑張ってみてください。




    0



    0
  3. 3. 名無しのイケジョさん

    健康的に痩せている証拠だと思います

    食事制限をして食べずに続けるダイエットというのは、胃の中が空っぽになるので、くびれができやすと思うのですが、相談者さんは、マッサージや体操をしてくびれを作ろうということで、しっかりとしたダイエットをされているんだと思います。

    女性はくびれができるイメージですが、男性はくびれができにくいと思うので、しっかりとお腹に筋肉が付いている証拠だと思います。
    骨格の作りもあると思いますが、普段、ズボンではなくスカートをはいてみたりと、腰ではなく、ウエスト部分で履くタイプのものを履くと、くびれができやすくなるのではないでしょうか。




    0



    0
  4. 4. 名無しのイケジョさん

    補正下着でくびれを作りました

    私もくびれのできにくい体質です。くびれができやすいかどうかは、骨格にも原因があると聞きました。
    具体的には、肋骨と骨盤の距離が短い人、つまり胴の短い人はくびれができにくいそうです。欧米人も胴が短いので、痩せていてもくびれのない人が多いですよね。
    私はとりあえず、外国人体型だと前向きに考えるようにしています。
    横腹の贅肉以外に落としたい部分が無いのに、ダイエットをすると全体的にやせてしまう。腹筋をする暇もない。そんな私がくびれを作るためには、補正下着を使っています。横腹の贅肉をバストに詰め込むようにして何年か使っていると、くびれるようになりました。




    0



    0
  5. 5. 名無しのイケジョさん

    動かしにくい部分ですからね

    分かります。頑張って痩せてもなぜかくびれってできないんですよね。なかなか脇腹って動かしづらいというのもあって筋肉がつかないんですよね。まずは、コルセットなどでお腹のお肉をキープすると良いと思います。脇腹には骨がないため、肉が下がって来ないよう固定することが大事ですね。それと、脇腹をできるだけ動かすと言うことが大事だと思います。そうですね、フラフープはやはり効果があります。逆に言うとフラフープは脇腹に筋肉がないとなかなかできませんから。ぜひ、テレビでも見ながら遊ぶ感覚でやってみてください。できるようになる頃にはくびれもできているかも。




    0



    0
  6. 6. 名無しのイケジョさん

    毎日の継続が一番のポイントです

    私はお菓子や揚げ物、中でもカップラーメンが大好きで毎日のように食べていたらお腹に溜まった脂肪がウォーキングやランニングなどでは落ちなくなってしまいました。私も、骨格が大きくてダイエットを続けても あまり見た目からは痩せたという実感を得ることが出来ませんでした。そこで私が実践したのは、お腹をただただ、へこませるという運動です。最初は1分間、お腹をへこませて、それが出来たら2分、3分と時間を増やして行きました。私も、へこませるだけでくびれが出来る訳ないなと半信半疑だったのですが、3ヶ月続けていたら肋骨が浮き上がるくらいまでくびれが出来ました。時間がある時にすぐに出来て、そして道具要らずのこのダイエット方法はとても良いなと感じました。
    何よりも、自宅で毎日継続して行うことがくびれが出来る一番の近道だと思います。お風呂の中などでは消費量がより一層高まるので、是非実践して頂ければ嬉しい限りです。




    0



    0
  7. 7. 名無しのイケジョさん

    ストレスなく気楽に試して

    全体的に痩せることはできても気になるところに特化しての部分痩せって難しいですよね。特にお腹回りには悩まされるものです。やはりくびれを作りたいと考えた時に一番に浮かんでくるのはマッサージや体操ですが、あまり効果が感じられないようですね。今はどんなやり方をなさっているのかにもよりますが、マッサージと一言でいっても多種多様な方法があります。痩せないなあとストレスを感じながら行うのはあまり好ましくないので寝ながらできる楽チンお腹マッサージなんかはどうでしょう?後はインナーマッスルを鍛えてあげるといいのでロングブレスもおすすめです。




    0



    0
  8. 8. 名無しのイケジョさん

    おしりの筋肉も使いましょう

    ダイエットを頑張って成功させてもくびれがないとなんだかしっくりしませんね。腰をひねる体操や、お風呂でお腹のお肉をねじるようなマッサージをすると効果がありますが、たしかに骨格なども影響あるのかもしれませんね。おしりの上にある筋肉を意識して使うようにすると、代謝もアップして体内で消化するカロリーも増え、ヒップアップにも繋がります。正面からの見た目はあまり変わらないかもしれませんが、横から見るとスタイルアップしているんです。無理なく減量になるし、筋肉もつくので全体がより引き締まって見えるようになります。うつ伏せになって太ももを上に浮かせるように持ち上げると良いです。例えば、両足交互にやったとして10秒3セットを両足分で1分です。立った状態で椅子か壁に両手をついて、足を太ももから後ろへ蹴り上げるイメージで10回づつ3セットを両足分で1分です。そんなに時間もかからず息の上がる動きでもないので続けられると思います。2ヶ月くらいで違いが出てきますよ。




    0



    0
  9. 9. 名無しのイケジョさん

    フラフープがおススメです

    寸胴体型を気にしていると、露出の多い夏には本当に嫌いになりますよね。もちろん、元々の体型だからと言うのもあるかと思いますが、雑誌でみるモデルさんなんかをみると本当に憧れますよね。マッサージや体操を試してもあまり効果がないとのことですが、フラフープは試してみたことはありますでしょうか。小学生の遊びだと馬鹿にしてはいけません。実際フラフープにはまり始めると、すごく楽しくなるし、やはり、お腹周りへの刺激があるので、少しづつウエストが細くなってきます。運動不足の解消にもなり、あまり激しい運動でもないのでとってもおススメです。




    0



    0
  10. 10. 名無しのイケジョさん

    姿勢を意識してみてください!

    私もぱっと見は太っているように見えませんが、ぽっこりお腹に長年悩んでいました。運動は苦手だしキツイ筋トレはしたくないし、と色々考えました。くびれが一番簡単に手に入れる方法は姿勢を意識することだと思います。綺麗な姿勢を意識すると、お腹にも自然と力を入るのでぽっこりお腹に効果的です。ぽっこりお腹が解消されていくと自然にくびれもできると思います。私も元々猫背気味でしたが、姿勢を意識するようになっただけで格段に見た目が変わりました。きつくないし簡単に続けられるのでおすすめしたい方法です。姿勢を意識してみてくださいね。




    0



    0
  11. 11. 名無しのイケジョさん

    くびれは必ず作れます

    くびれに効果のあるマッサージや体操をしても、くびれが出来ないということであれば、腰回りのだぶつきはむくみによるものではなく、脂肪である可能性がありますよね。だとすると、腰回りの脂肪を落とすためのエクササイズを行うといいと思います。エクササイズをして筋肉がつくと、その筋肉が脂肪を燃やしてくれますので、ダブルで効果的だと思います。私がくびれを作りたい時によく行う簡単に出来るエクササイズをお伝えしたいと思います。まず床に座り、膝を立てます。手を胸辺りでクロスさせますが、右のウエストをひねる時は右腕を上に反対の場合は左腕を上にクロスさせます。そして、5秒数えながら後ろに倒れ、その後元に戻り、好きな回数繰り返し、反対側もそのようにします。このエクササイズは即効性があり、簡単なのでおすすめです。




    0



    0
  12. 12. 名無しのイケジョさん

    産後用のコルセットと、くびれ専用のストレッチで

    くびれは単純に痩せてできる人と、そうではない人がいますよね。わたしも後者の、そうではない人なのでお気持ちよく分かります。単純に体重が落ちるところまでは良いんですが、その後ですよね。わたしは、産後にダイエットを始めたこともあり、たまたま使っていた骨盤矯正のコルセットを使用する回数を増やしたりしていましたよ。マタニティ用品コーナーで、お手頃な価格のものから販売されています。コルセットに日常生活はお任せして、あとは、くびれを重視したダイエットメニューや、ストレッチを欠かさず行っていき、くびれと呼べるところまできましたよ。ぜひ試してみてください。




    0



    0
  13. 13. 名無しのイケジョさん

    とにかく腰を使うと言う

    私はダイエットして痩せて今はリバウンドをしてしまったので太っていますが、何故か一応くびれはあります。ダイエットした時にやはり痩せるだけではなくスタイルも良くなりたいと思ってました。ダイエットはしていませんが今でもたまに行うのが、とにかく腰を使う。掃除をする時は足を交差しながら歩く、料理している時には腰を回す、テレビやスマホを見ている時には腰をひねった状態を保っているなど。マッサージも痛いと感じるくらいに肉をつまむのが良いと聞いてやりました。確かに元々の骨格も多少あるとは思いますが、少し面倒と思うくらいに毎日何かにつけて腰を回す、ひねる、歩く時には足を交差しながらと行ってみてはいかがですか。




    0



    0