下半身太りがなかなか改善されません。楽しく運動して痩せる方法ないですか?

   相談投稿日:2018年2月23日

下半身太りがなかなか改善されません。典型的な運動嫌いで仕事はデスクワーク、通勤は車で行っているのでなかなか運動する機会がありません。日常でも特に運動をしようという意欲が湧かず…。とりあえず食生活でのダイエットを行なっていましたがバナナダイエットおかゆダイエットなどなど多種多様に試して1ヶ月続いた試しがありません。腹筋や背筋も辛いからいや、器具系は高いから買えない、本当にどうしようもないやつだなと自分が嫌いになってしまいそうです…。楽しく運動を取り入れて健康的に痩せるやる気の出し方を教えていただきたいです。

    みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    癒し系ダイエットはどうですか?

    ダイエットで落ち込んでおられるのがもったいないです。それでは自分いじめになってしまい、他のことにも影響を及ぼしますね。もっと自分を労わりながらのダイエットにされてはどうでしょうか。下半身太りは冷えから来ます。循環を良くするために足湯をするのもいいでしょう。気に入った香りのアロマを使い、もっと楽しみを持てるようにしてみませんか。辛いばかりが伝わってきます。時間もお金の無限ではありません。自分のために使いつつ痩せる方法をもっと考えましょう。ホットヨガや岩盤浴など仕事で疲れた体を癒しながら汗を流すのもいいですね。エステやマッサージもいいですね、気持ちいいいですよ。

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    普段の生活の中でできることにトライする。

    これまでやっていなかったことを始めようとすると、継続させるのがなかなか難しいですよね。通勤は車だとのことなので、日常生活でも歩く機会が少ないのではないでしょうか。
    私自身が生活の中に取り入れていることなのですが、職場や買い物先などではエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用しています。これなら特別なことではありませんので誰でもすぐに始められるはずです。大した運動量にはならないだろう、とお思いかもしれませんが、何もしないよりはマシと思っています。小さいことの積み重ねって大事ですよね。これが習慣的にできるようになったら、また何か小さなことを探してトライしてみる。それが成功したら、また次。と、少しずつ普段の生活の中で無理しないでできることを増やしていってみてはいかがでしょうか?

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    辛いダイエットは続かない

    ダイエットって、食事制限や、運動をしなぎゃなど、辛い方法を考えがちですよね。それが続かない理由の一つです。楽しみながら、健康にダイエットをしなくては絶対に続きません。下半身を重点的に痩せたいとなると、ダイエットと言うよりは、ストレッチやマッサージがとても効果的です。夜寝る前など、足にボディークリームをぬりますよね?少し多めにとり、足をもみほぐすようにマッサージしましょう。脂肪が燃焼され、寝てるあいだにむくみも取れ、一石二鳥です。まずはストレッチからはじめてみましょう。筋肉をほぐしマッサージすることで代謝も良くなりダイエットにつながりますよ。

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    ながらダイエットおすすめですよ。

    やらなければいけないと思うからいけないと思います。何かをしながらダイエットすればいいじゃないかなと思います。私も、運動は嫌いですし、お金をかけれるような余裕もないので、ながらダイエットをしていますよ。普通に掃除機をかけながら、お尻に力を入れてみたり、足首をうごかしたり、肩を伸ばしたりしながらの掃除機しながらダイエットをしたり、テレビを見ながら、太ももをマッサージしたりお尻を少し浮かせたりしながら一工夫をしながら生活をしています。それだけでも、少しは違うと思います。あと、ご自宅で履くスリッパをダイエット用のスリッパにしてみるのもいいかもしれません。100円でもありますし、少し良いものならば、1000円くらいからあるのではじめやすいですよ。

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    しっかり栄養を摂るダイエットに切り替えてみては。

    無理に運動しようとしても、よけい体を痛めたり、疲れたりは辛いですよね。食生活は基本だと思いますので、そこから変えていくのはよいと思います。でも、無理な食事制限や、運動は体にとってつらいことだし、続かなくて当然だと思いますよ!攻めなくてよいと思います。私は体を動かすのは、楽しんでやること以外はしたくないです。ただ、動かないとやっぱり代謝悪くなるし、少しの運動は必要だと思っています。私は無理にしようとすると、よけい動きたくなくなるので、気分転換の散歩がしたいな、買い物いくついでに、ちょっと一回り、と前向きに気持ちよく動くというのを心がけて続けています。
    下半身太りというのは、代謝がよくない状態かもしれませんよね。私が食事を変えて、体重や体調が良かったのは、ご飯やパン系の糖質を減らすということ、タンパク質をしっかりとる、ということです。タンパク質が不足すると、代謝が落ちるので、それはしっかり食べたほうがよいかもしれません。糖質制限ダイエットというのは聞いたことありますか?検索すると出てくると思いますが、炭水化物を減らして、お肉や魚、卵などタンパク質はしっかりとる、というものです。食べることを制限すると辛くなりますから続かないですよね。きちんと栄養をとるダイエットだと体は過剰に何か欲したりしないし、甘いものドカ食いとかも防げます。私の場合、あまり好きではなかったお肉や卵など、意識して多目にとるようになって、お腹すいてフラフラするとか、突然のドカ食い、というのがなくなりましたし、体重も安定しました。
    たとえば、卵が嫌いじゃなかったら、放し飼いの少し高い卵を買ってオムレツにするとか、よいチーズを買ってみる、など、良質のタンパク質を美味しく食べる、というのを試してみてはいかがでしょう。その分、ご飯やパンを少し朝か、夜か、無理ないときに食べないでいてみるのです。タンパク質は女性で一日40gはとらないといけないそうですが、なかなかそれは大変で不足しがちだそうです。タンパク質不足すると、基礎代謝が落ちて太りやすくなります。肌も荒れますし。きれいに、たのしく続くダイエットだったら、きちんと楽しく美味しく、栄養=タンパク質をとる、という方法をためしてみてはいかがでしょうか。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    ながらダイエットがおすすめです。

    髪を乾かしているときや、歯磨きをしているとき、料理をしているときなどに、スクワットをするようにしてはいかがでしょうか。
    ぼーっと立っているだけの時間ですが、そこにほんの少しでも運動が加われば、緩やかな変化かもしれませんが、体型も違ってくると思います。完璧にやろうとかしっかりやろうと思うと、続かなくなります。ちょっとずつをたくさんやれば、あまりやっていないようで実は結構な運動になっていた、なんてことになるはずです。少しの継続が出来るようになれば、他のことにも挑戦していけば良いと思いますよ。まずは続ける習慣をつけることが大切です。

  7. 7. 名無しのイケジョさん

    新しい世界の扉を開いてみて!

    そうですね、通勤を車でしているとなかなか歩かないですし運動する機会がないのも仕方ないことだと思います。ただ、もし通勤途中に、スポーツジムがあれば、いっそのこと会員になって、お金が無駄にならないように、半強制的に運動する環境を作るのも良い方法かも知れませんね。初めてジムを利用するとなると、始めは少しドキドキしてしまうかもしれませんが、自分のいける時間に、好きなだけ、好きな内容でやれることを考えると、お仕事をされる方にはジムが向いていると思います。なかなか続かないという事ですが、何事も1つのことを集中して短期間でやるのではなく、細く長く続けていけることが精神的にも負担がなくやれるんではないでしょうか。

  8. 8. 名無しのイケジョさん

    ダイエットに成功した自分を思い描く

    私もあなたと同じように運動嫌いです。運動は面倒な上に疲れてしまうのでやりたくないですよね。ですが下半身太りを改善したいなら、運動をしたほうがいいと思います。
    その上、本当にどうしようもないやつだな、と思う必要はありません。自分は痩せられると前向きに考えましょう。
    では、楽しく運動を取り入れて健康的に痩せるやる気の出し方をお教えしたいと思います。
    まず、あなたは何のために下半身のダイエットをしようと思ったのか、理由をはっきりさせてください。さらに、ダイエットに成功した自分を思い描くことも大切です。そうすることによりやる気が続くので、ダイエットを習慣づけることができます。
    その上、運動が嫌だと考えず5分や10分でもウォーキングしたり、自転車に乗ったりしてできることから始めればいいのです。そうすれば運動がだんだん楽しくなって、運動嫌いではなくなるはずです。

  9. 9. 名無しのイケジョさん

    ダイエットは友達と一緒にやると効果的

    ダイエットはなかなか長続きさせるのが難しいですよね。これは一人で黙々とダイエットをするので長続きしにくいんです。お友達で一緒にダイエットをできる人はいませんか?例えば仕事の合間に早足で外を歩くとか、帰宅してから外を1時間ぐらいウォーキングするなど、そして週末には一緒に山登りやジョギングなどをできる人がいれば一緒に励まし合いながらダイエットすればモチベーションも維持することができます。一人だとすぐに挫折するのでとにかく友達と楽しくやるというのが最大のコツになります。もし友達がいないのであればジムに通って友達づくりをすると良いですよ。

  10. 10. 名無しのイケジョさん

    何かひとつだけ、寝る前の習慣に

    意識して物事を継続することは大変なことですよね。
    何かひとつだけ、たとえば下半身痩せをしたいのであれば15分間の踏み台昇降といったことを、寝る前に毎日行うようにしてみるのはいかがでしょう。たとえば寝る前には必ず歯を磨きますし、お風呂に入りますよね。そこにダイエットを組み込んでみるのです。数日間頑張って続ければ、習慣付いてくる可能性が高いと思います。なぜなら寝る前にその行動をさぼると、いざ布団に入ったら「今日はちゃんとできなかった」と落ち着かない気持ちになってしまうからです。それは強制力をアップさせることにつながり、いつの間にか歯磨きやお風呂と同じように「寝る前に行わなければならないこと」としてパターン化されると思います。

  11. 11. 名無しのイケジョさん

    続けようと思わずにその時その時を楽しんで痩せましょう

    まずは続けようと思うことをやめてみてください。続けられずに悩んでいる人は多いものです。継続しなければならないと思うことがストレスになりますし、楽しくなかったり、効果が出ないと続ける意欲も沸いてきません。自分のことをどうしようもないなんて思う必要はありません。今まで多種多様なダイエットを試されてきたのですね。続けられなかったから成功しなかったという考えを捨てて、その時興味のあるものを楽しんで試されたらいかがでしょうか。3日坊主になっても自分を責めたりしないでください。いくつか試しているうちに自分にあった楽しいダイエット法が見つかるかもしれません。ダイエットに一番大事なのは気持ちです。追い込まずに、些細なことでも自分をほめるようにしてください。一日一日リセットして、昨日までの自分のことは忘れてください。今までダメだったから、これからもできないとは限りません。楽しむ気持ちを持つことが大切です。

  12. 12. 名無しのイケジョさん

    理由があるからダイエットが出来る

    何となく痩せたらいいなと思ってないでしょうか?
    痩せなきゃならない理由がないと、続けることはできません。
    たとえば、痩せたら、大好きな人と必ず付き合える特権をもらえるなら、挫折しますか?
    自分が痩せないと、自分の身近な人が一人ずつ死んでしまうことになったらどうでしょう?
    ダイエットにやる気を出すには「理由」が必要不可欠なのです。
    ダイエットに成功したら、こんなことがしたい、こんないいことがあるという事を、出来るだけ紙に書いたりして、貼っておくのはどうですか。
    ・モテるようになる。
    ・みんなに自慢できる。
    ・おしゃれを楽しめる。
    ・自分にご褒美をあげる、または誰かに痩せたら何か買ってもらう約束をする。
    ・好きな人に告白したい。
    ・みんなにきれいになったねと褒めてもらいたい。

    ダイエットをしたくなる、しなければならない理由を考えてみてください。

  13. 13. 名無しのイケジョさん

    家の中でできるヨガを試してみては

    私も同じ考えで、何とか食事だけで痩せようと考えているタイプです。
    電車通勤のときは一駅歩いたりしていましたが、結局気の向く日しかしなかったですね。
    私の場合は、家の中でテレビを見るのが大好きなので、その間にできることをいろいろ試してみた結果、
    ヨガが一番自分に合っているな、と感じたので毎日続けています。
    雑誌やネットでもいろんなポーズが紹介されていると思いますが、まずは自分が無理なくできそうな
    ポーズをいくつか見つけて、それを組み合わせることでオリジナルのヨガにすると良いと思います。
    本当は静かな空間で集中してやるべきなのでしょうが、これはこれでリラックスできて楽しいのでおすすめです。

  14. 14. 名無しのイケジョさん

    スポーツジムや岩盤浴はいかがですか?

    ダイエットは自分との戦い。。
    でも、ついつい自分を甘やかし気づくと前の生活に
    戻ってしまうんですよね。

    スポーツジムや岩盤浴に通い代謝を上げ脂肪を筋肉に変えるのです。腹筋や背筋は辛いとおっしゃってましたが恐らくその辛いを乗り越えないと痩せないのが現実ではないですか?
    でしたら、ジムのエクササイズやトレーニングに申し込み月額の会費を払い通うのはどうでしょう?
    疲れたし、面倒だし、と休むのは自由。でも、その分会費は無駄なお金として消えていきます。無駄遣いしないように!と、通いたい気持ちにならないですか?友人はインストラクターがイケメンという理由だけで、辛い辛いと言いながら通ってます。理由はさておきちゃんと通ってるので効果は出ているようです。自宅でのダイエットは低コストではありますが、やはり忍耐力がないと厳しいです。ジムは色々な方が居ますし、どんなにスリムな方でも満足する自分の身体作りのためにかよってるのは同じ。インストラクター目的でもいいし、同じ目標がある仲間と高め合えるのもいい刺激になるとおもいますよ!

  15. 15. 名無しのイケジョさん

    ダイエットと思うとダメかも?

    私も下半身太りで悩んでいる一人です。デスクワークで私もあまり運動する機会がありません。
    なのに自分と同じデスクワークでも足が細い人を見るとなんで同じようなことをしているのにこんなに違うんだと思ってしまいます。
    そんな私も少しダイエットに成功したことがありますが、その時にはとにかくダイエットということを意識していませんでした。
    その時はレコーディングダイエットと軽い運動をしていたのですが、仕事と同じだと考えるようにしていました。
    仕事に行かなけばならないと思うようにレコーディングをしなければならない、軽い運動をしなければならないと思うようにしたら
    いつの間にか少しだけ痩せていました。

  16. 16. 名無しのイケジョさん

    お友達はモチベーションアップを助けてくれますよ

    なかなかダイエットが続かず、運動も好きではない、となるとダイエットの結果も出にくいですし困りますよね。
    運動をする、と意気込んでしまうから余計にやりたくなくなってしまうのかもしれません。「ちょっと体を動かす」くらいに軽く考えてみましょう。
    そして、一番のおすすめ方法はお友達と一緒に体を使うアクティビティを楽しむということです。お友達とちょっと買い物に行くだけでも実は結構な距離を歩いています。仕事帰りや休みの日にボウリングなど体を動かせるゲームを楽しむこともできますよね。
    何日かお休みが続く日には複数人でキャンプに繰り出すのも良いでしょう。
    「運動しなければいけない」から、「友達と一緒に体を軽く動かして楽しむ」へと考えを変えてみましょう。