お腹が減ってないのに食べてしまう。間食をどうしてもやめられません

   相談投稿日:2018年2月23日

痩せたいが口癖の専業主婦です。
家に常にいること、家の中でする趣味が無いこと、子供が小さいため外に出歩く機会が少ないこと等が重なり、ついつい食べ物に手が伸びてしまいます。
昼ご飯を食べたあとでも家事を一通り済ませるとお腹が空いている訳でも無いのにお菓子を食べ、また、お菓子がない時には白ご飯プラスおかずを食べることもあります。
授乳中の期間はそれでも体重は増えませんでしたが授乳回数が減ってきた今どんどん体重が増えていっています。
間食を止めれば良いのはわかっているのですがどうしても食べることをやめられません。
何か良い方法があれば教えて頂きたいです。

    みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    間食するお菓子を変えてみる

    家にいる時間が多くなるとついついという気持ち分かります。
    何とく食べてしまうんですよね。
    育児や家事、疲れも貯まるとお菓子の時間に幸せを感じる事もありますし。
    間食するお菓子の種類を変えてみてはどうでしょうか?
    スナック菓子やチョコレートを控え、食べすぎ注意ですが間食にはドライフルーツやナッツなどがいいと言われていますよ。
    後は「今日はちょっとお菓子食べ過ぎちゃったなぁ」と思った時、夕食の白米を抜くなどして調節するのもおすすめです。
    全て我慢するとストレスになってしまうだけなので、小さい事の積み重ねが大事だと思います。
    無理なく続けられる事からです。




    0



    0
  2. 2. 名無しのイケジョさん

    暇だとついつい食べてしまうのは同じです

    私も全く同じ悩みを抱えています。家にいるとついつい色々な食べ物を口に運んでしまうんですよね。しかもお腹が空いているわけではないのに食べてしまうんですよね。これは多分ストレスが原因ではないかと自分では分析しています。ストレスがあると食べることに走ってしまいがちです。もちろん人によってはストレスがないけれど、暇なのでつい食べ物を食べてしまうという人もいるようです。あなたがどちらかはわかりませんが、とにかく食べ物を無意識に口に運ぶことは自分で常に意識していることで防ぐことができるかもしれません。何か没頭できる趣味を持つことも良いことだと思います。




    0



    0
  3. 3. 名無しのイケジョさん

    食べるものを工夫してみましょう

    とってもお気持ちわかります!私も子供が1人で夢中で遊んでくれてる隙に、ついつい冷蔵庫を開けてしまいます…私はおにぎりばかり間食していましたが、ナッツやするめを常備食として用意し、台所に立つたびにカリカリ食べてます。1日の量も決めて瓶に入れて食べすぎないように心がけています。私の場合、食べるのをやめてしまうとストレスになってしまいそうなので体に良さそうなもので間食をしたり、普段の食事をヘルシーな物にかえたり、1日でバランスを取るよう心がけています。食べる事で育児や家事のストレス発散できているのであれば、やめられないですよね。




    0



    0
  4. 4. 名無しのイケジョさん

    家にお菓子などはおかないようにする

    やはり人間なので、もし目の前に食べ物や甘いものやお菓子があると食べたいと思っていなかったのに、みてるうちに食べたくなってきますよね。私もよくそういうことがありました。でも、ある時から家にお菓子などは絶対に置かないと決めました。家にずっといるということも理由だと思うので、子供さんと公園に行ったり外に出て気を晴らすのも良いと思います。私はお菓子などを買っていた時期に比べ、今では小腹が空いたときやなにか口が寂しい時には、生の人参を食べたり、キュウリを食べたりしています。その方が健康的ですし太りません。




    0



    0
  5. 5. 名無しのイケジョさん

    何か食べたくなったら歯磨きする

    食べることは気分転換になりストレス解消になりますよね。
    でも、ダイエットしたいならその悪習慣を断ち切らなければなりません。
    家ででき、気分転換になるオススメの方法があります。
    それは、何か食べたくなったら歯磨きすることです。
    歯磨きに集中するすることで、食べたい欲求を忘れさせることができます。
    できれば、ミント味など磨いた後口の中がスッキリする歯磨き剤を選ぶと効果的です。
    ミントの香りで口内がスッキリしたら、そこに何かを入れようとは思わなくなり、しばらくは食べたくなくなります。
    お金も時間かかりませんので、試してみて下さい。




    0



    0
  6. 6. 名無しのイケジョさん

    スルメがいいと友人が言っていました

    家の中にいると、どうしてもすぐに食べ物が手に届くところにあるので、食べてしまうことがありますよね。私はなので以前自分の嫌いなお菓子ばっかり買ってきたことがあります。子供が好きで自分が嫌いなお菓子だとあんまり食べませんからね。そして、それでもだめなときは、スルメをくわえていたことがあります。これは友人から教えてもらったダイエット方法なのですが、スルメをくわえていると口の中にスルメが入っているわけですから、口さみしくありません。そして、何日か続けていると、こんなことをしないと食べてしまう自分が許せなくなって間食も減りましたよ。




    0



    0
  7. 7. 名無しのイケジョさん

    徐々に買い置きのお菓子を減らしてみてはいかがでしょうか。

    相談者さまは、小さいお子さんと2人で家の中で過ごす時間が長いのですね。そのような環境だと、誰しもついつい間食してしまい、泊まらないという状態になりがちだと思います。間食をいきなりやめるのは難しいかもしれないし、やめられないとまたストレスを感じてしまうかもしれないので、お菓子の買い置きを徐々に減らしてみるとか、お菓子がわりにドライフルーツを食べたり、ナッツ類を食べるのも良いと思います。まだ授乳中であれば、飲めるお茶なども限られてくるかもしれませんが、影響のない範囲で、フレーバーティーのようなものも空腹を感じなくて済むので試してみてはいかがでしょうか。




    0



    0
  8. 8. 名無しのイケジョさん

    何かやる事を見つけてみては

    お気持ち良くわかります。私は子育てはすでに終了していてパートで働いています。仕事の時には緊張感もあるのか食事の回数は普通もしくは少ない時もあります。でも休みの時には何故か何もしていないのにお腹が空いてしまいます。同じで食べたばかりなのに気が付いたら、また食べていたとか。何でか考えてみたら休みでも外出している時にはお腹は空きません、家にいる時だけだと分かった時に何かしようと考えて趣味を見つけました。それからは普通に戻りました。小さなお子さんがいらっしゃると家の中でやる事も限られてしまうかもしれないですが、何か趣味を見つけるとか面倒かもしれないですが、お子さんの洋服などを作ってみるなど、いかがでしょうか。




    0



    0
  9. 9. 名無しのイケジョさん

    お菓子を買わない方がいいのでは

    お菓子を買わないようにしましょう。軽い気持ちで食べていてもお菓子って結構カロリー高いですからね。お菓子を食べずにはいられないなら、食べるとしても1日一袋までにするとか、その一袋を1日何回かに分けて食べるようにするなど自身で工夫して決めていきましょう。あと、体重計には毎日乗るようにしていきましょう。
    今後はきっとお子さんが大きくなって公園デビューもあるでしょうから動く機会が増えていくでしょう。そうなると間食する事も減っていくでしょうし、今までよりもカロリーを消費していくでしょうから大丈夫だと思いますが、油断は禁物ですよ。




    0



    0
  10. 10. 名無しのイケジョさん

    お腹が鳴ったら食べましょう。

    空いている時間があるとお腹が空いているわけでもないの何か食べてしまう習慣はとてもよく分かります。
    一番効果がある方法はお腹がグゥ~と鳴ってから何か食べるというやり方です。
    お腹が空いていなくても食べてしまうことが習慣になっていると満腹中枢が狂ってしまうのでそれを修正してあげるのです。
    慣れるまでは口寂しくて大変かもしれませんが、数回そのタイミングが掴めれば自分がいつお腹が空いているのかの見極めができるようになります。
    もしそれでも手が勝手に動いてしまうのならば、完食をお味噌汁にしてみるといいかもしれません。
    インスタントでもいいのですが、お味噌汁は味噌のアミノ酸効果で「食事をした」感があるのでそれだけで満足できたりします。
    試してみてください。




    0



    0
  11. 11. 名無しのイケジョさん

    練乳キャンディがおすすめ

    私もそうですが、ヒマな時はついお菓子を食べちゃいますよね。
    あなたの場合はお腹は空いていないのかもしれませんが、子育てで疲労が溜まっているので、体は少し栄養を欲しているのかもしれませんね。
    空腹ではないのに何か口にしたい時は、練乳キャンディがおすすめです。
    キャンディの中でも甘みが強いので一粒でも満足感がありますし、牛乳成分がリラックス感を与えてくれます。
    日持ちするので、常備しておくと便利です。
    お菓子の代わりに、ご飯プラスおかずはやめたほうがいいですね。
    それだったらスープを飲むほうが低カロリーで安心です。




    0



    0
  12. 12. 名無しのイケジョさん

    水を1口飲んでみましょう。

    ついつい食べ物に手が伸びてしまうこと私もあります。食べ物を隠せばいいと言っても隠したのは自分な訳でつい取り出してしまいますよね。
    そういう時はまず水を1口飲んでみましょう。
    食べてしまう時って口が恋しい時が多いです。なので水で口にものが入ったという感覚を脳へ配信します。そうすることによって何かを手に取る何かを口に入れようということが減ってきます。
    もちろん最初から全く食べなくなるわけではありません。日々の積み重ねにより水で満足していく体になっていきますので絶対食べたらダメだと我慢するのではなく少しずつ減らしていく方向でいってみてください。
    いつの間にか水でまんぞくする身体になっていきますよ。




    0



    0
  13. 13. 名無しのイケジョさん

    専業主婦ってついつい食べちゃいますよね

    わたしも育休中は結構食べていましたね。お昼ご飯食べたのに何かなかったかなーと棚を漁ることもしばしば。。
    結局は時間があるし、暇なんですよね。育休が終わり仕事に復帰してからはそんなにダラダラ食べる暇がないので間食なくなりましたしね。
    お子さんを連れて買い物や散歩、育児のセンターなどにでかけてはどうですか?図書館もなかなかおすすめです。あとは、お菓子は買ってこない。ごはんも必要以上に作りすぎないなどと決めるなど、意図的に食べれない状況を作るしか抜け出せないように思います。
    子育ては大変ですしストレスも貯まりますが違う方法で息抜きして頑張りましょう。




    0



    0
  14. 14. 名無しのイケジョさん

    食べない時間を決めてみてはどうでしょう。

    何となくお腹が空いていなくても、何かを食べたい時ってありますよね。家にいると特にそうなってしまう気持ち、わかります。時間を決めてみてはどうでしょう。急には難しいと思うので、例えば夜は食べない、などから始めてみてもいいと思います。夜子どもを寝かせるときに子どもは歯を磨くと思います。その時に一緒に自分も歯を磨いてしまいます。子どもを9時に寝かせるとすると自分も一緒に9時前に歯を磨きます。歯を磨くとその後、何かを食べてまた歯を磨くのは面倒ですよね。そうすると、食べるのはやめようと思います。そのまま、歯を磨いて子どもと一緒に寝てしまってもいいかもしれません、そうすれば少なくても夜9時以降は食べるということはなくなると思います。これだけでも全然違ってくると思います。
    全く食べるのをやめるというのもストレスになてしまうと思うので、食べたくなってしまうときは食べる!そして、夜9時以降は歯を磨いて食べない。など食べない時間帯を作るといいと思います。それを続けていると習慣になり自然と何かを食べたくて手を伸ばす時間も減っていくと思います。




    0



    0
  15. 15. 名無しのイケジョさん

    ストレス、ためてませんか

    小さいお子さんの育児と家事を頑張っていらっしゃるのですね。読んでいて本当に頭の下がる思いがしました。
    お腹が空いていないのに食べてしまう原因として、ストレスが考えられます。何か不満や満たされない欲求があるとき、食べ物に走ってしまう方は少なくありません。毎日家事や育児を頑張る中で、疲れがたまってしまっているのかもしれませんね。
    一度、お子さんをご家族や託児施設にお願いして、数時間でもいいのでご自分の好きなことだけをする時間を設けることがおすすめです。
    ストレス解消につながりますよ。そうすれば、食べることに走らなくても、気持ちよく過ごせるはずです。




    0



    0
  16. 16. 名無しのイケジョさん

    家にいる時間を減らしましょう。

    私も子供が小さい時には気がついたら食べている時期がありました。授乳期は太らなかったので、食べる癖がついてしまっていたんですよね。
    私も着々と体重が増え始めたので、何かと理由をつけて外出するようにしました。必ず徒歩で。子供が小さかった為、抱っこ紐かベビーカーで出来るだけ遠くのスーパーまで歩いて買い物へ行っていました。また子供の為といいつつ自分の為のお散歩をしました。
    すると自然と食べる回数が減り、胃が小さくなったような気がしました。そして食べグセも少しずつ解消されていきました。
    あなたも出来るだけ家にいる時間を減らし、食べ物に触れる機会と食べられる時間を減らしてみてはどうでしょうか。




    0



    0