メイクの新商品が出ると衝動買いしてしまうのをやめたい

   相談投稿日:2018年2月19日

私の唯一の趣味であり、楽しみが、メイクをすることです。中学生の頃から化粧に目覚め、それからというもの、さまざまなブランドの化粧品を試してみたくて、新作が出ればネットやお店で買ってしまいます。一つや二つならばいいですが、自分でも気付かないうちにたくさん買っていて、月に数万円ならばまだ良い方で、ひどい時は数十万円も購入していたこともありました。さすがにまずいなと思って、買う量をセーブしようと努力していますが、次々と発売される新商品に目が眩んで、無意識状態で買ってしまっているときがあります。この衝動をどう抑えたらいいのでしょうか。

 

    この悩みへの、みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    フリマサイトを活用しよう

    お化粧やメイクされるのがお好きなんですね。
    好きなものにはお金をかけてしまう気持ちとてもよく分かります。
    無理せずに節約の工夫をしてみましょう。
    新作の化粧品がほしい時はフリマサイトで購入してみてはどうでしょうか??中古ですが、ほぼ使われていないものや新品のものまで定価よりお安く購入できます。
    気になるけど、そこまでではないものはそういうものを活用して節約しましょう。
    また毎月の化粧品に使うお金をこれだけと決めてみるのはどうでしょうか??
    別のお財布を用意して化粧品だけ使うのに使うお金を分けてみると管理しやすいです。

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    月々の限度額を決めて冷静に考えましょう。

    私も洋服が好きでネットでよく買い物をしてしまいます。
    でも月に使える金額を必ず決めて買う様にしています。
    また欲しいものがあった際にネットでは一旦買い物カゴに入れる。
    お店では一旦保留にする。
    にしてすぐには買わない様にしています。
    冷静に考えてみると同じような物を持っていたり、時間が経ってみるとそこまで欲しくない物だったりする事があります。
    その時は買うのをすぐにやめます。
    数十万は多すぎます!そして無意識状態で買い物をしてはダメです!買う前に少し冷静になって考えてみてください。
    きっと無駄遣いが減り、本当に欲しい物だけを買う事が出来るでしょう。

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    いっそのこと、貯金してみては?

    新商品!限定色!リニューアル!
    その言葉の誘惑に私もつい手を伸ばしてしまいます。
    でも、やめたいけどやめられない
    中毒症状になってると言うのは
    改善したほうが良さそうですね。

    買いすぎてしまうとの事ですが
    あくまでも収入の範囲内ですか?
    借金をしてまでと言うとまた違う話になってしまいますが、
    自分の収入の範囲内で収まってるなら
    いっそのこと収入を減らしてみてはどうですか?
    もちろん、仕事をしないと言う意味ではありません。
    貯蓄にまわしてメイクにかけられなくするのです。
    定期預金であれば毎月決めた金額を貯蓄し
    満期が来るまでは使うことができません。
    多少、強引なやり方になっちゃいますが
    一番合理的かつ、少しずつ少ない金額に慣れていけば
    自然と改善するのではないでしょうか?

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    どこでラインを引くのかそれだけだと思います

    相談内容を読むと唯一の趣味という事でどうしても頭で理解していても制御出来なくて衝動買いをしてしまうという訳ですね。
    趣味を我慢するのはストレスが溜まる可能性もあるので趣味で少々お金遣いが荒くなってしまうのはよくある話で気持ちは分かります。
    でも相談者が自覚している様に度が過ぎているというのなら買物の回数や金額に設定のラインを引いて守れないのなら後々堪える罰を作って制御させるのも手だと思います。
    自分一人でラインを決めるとどうしても設定が甘くなる可能性もあるので色々な人に相談して考えて設定のラインを作ってみたらどうでしょうか。

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    思いついた3つの解決方法

    唯一の趣味なら抑えることはないと思いますがやはり月に数十万も使ってしまうのは困ってしまいますね。
    解決方法が3つ思いつきました。
    1つめは我慢せずに買って今より稼ぐ。
    数十万使ってもそれより収入が多ければ何の問題もありません。
    でもこれはなかなか難しいですよね。
    2つ目は情報を遮断する。
    どういったところで新商品の情報を得られているかわかりませんが店舗なら行かない、ネット等も避ける、発売されることを知らなければ買いたい衝動も起きないと思います。
    最後ですが、使用していないコスメを売る。
    今はフリマアプリなんかも盛んなんでどんどん売ってしまってはいかがでしょうか。
    解決のヒントになれば幸いです。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    衝動買いを抑える為には、冷静になる事が必要

    趣味がある事は、とてもいい事です。
    女性としてメイクが楽しいのは、理解できます。
    化粧品の新作が出たら、欲しくなるのは皆同じだと思います。
    貴方はメイクが好きだから、たくさん買ってしまうようですね。
    月に数十万は使いすぎです。
    これでは他に必要な物がでてきた場合、たとえば、家電や衣服がいる際など、買いたくても躊躇してしまいます。
    浪費は自分の生活を圧迫させます。
    我慢はつらいでしょうが、自分の為にも感情や欲望を抑えた方が、この先よりよい日常を送れます。
    お店で化粧品を買った時は、ネットで買い物をしない。
    逆にネットで化粧品を買った時は、お店では買わない。
    それを徹底しましょう。
    両方を活用するより、ちょっとでも無駄をなくせます。
    新作が出ても同じ化粧品は、なるべく購入しないようにしましょう。
    どうしても複数いる場合は、数を絞ります。
    化粧品は使いきる直前に、新しい物を入手すべきです。
    本当に必要な分だけ、じっくり考えて選びましょう。
    買いすぎて後悔するより、いい物が手元にあれば、それで十分です。
    衝動買いの欲求は意識しないと、制御できません。
    冷静に対処しましょう。
    まずは無理なく、少しずつでも浪費癖を直す事を心がけます。
    一ヶ月間でもいいので、その日は何を買ったか、金額をメモして残しましょう。
    自分を客観的に見つめる機会をつくるのです。
    そうすれば衝動買いの欲求も、制御できるようになるはずです。

  7. 7. 名無しのイケジョさん

    荷物になりますが買ったものを持ち歩きましょう。

    メイクをするのが楽しい、とっても素敵な趣味じゃないですか。
    ただ買う量がセーブできないのは生活にも支障が出てくるし辛いですよね。
    まず、家にあるすべてのメイク道具を出して机の上に並べてみてください。
    それをアイメイク、フェイスメイクなど細かく分けて分類してみてアイシャドウだけで何個あるのかどんな色なのかなど紙にすべて書き出して下さい。
    多分すごい量で売ってしまおうかと考えると思いますが売ったから少なくなったしと買い足すだけなので売らずにとっておきましょう。
    そのあと現品たちは分類分けして日常遣いのもの、時々使うもの、買って満足のものに分け、買って満足のモノたちは先ほどメモした紙と一緒に10種類くらいはカバンに入れてください。
    かばんに入らない場合は化粧品のショップでもらった袋でもいいです。
    それからネットショップは一切見ずにショップでのみ新作を見るようにしてください。
    見て「ほしい!」と思ったときはいったん外に出て持っている紙と化粧品を見つめてください。
    その中に同じような化粧品がなくてもそのほしいものが限定品だとしてもあなたはそれだけの化粧品を持っているので買い足す必要はないのです。
    それらを使い終わってから新しいものを買おうと自分に言い聞かせてください。
    それでも買いそうになるなら100円ショップの新商品めぐりも安価で楽しいので試してみてください。

  8. 8. 名無しのイケジョさん

    それがあるとあなたは幸せですか?

    新作が出れば前回よりデザインが可愛くなっていたり、綺麗にカバーしてくれたり魅力的ですよね。
    まずはその新商品の情報源を見るのを少しやめてみてはいかがでしょうか。
    そして、お時間のあるときに今あるメイク道具をすべて使ってメイクしてまずは自分にそのメイクが
    合っているのか知りましょう。
    合っているものはとっておき、合ってないと思うものは思い切って捨てるか捨てるのがもったいない
    というのであれば今はフリマアプリなどもありますので売りましょう。
    今のあなたはきっと買わないとって使命感に駆られているので、それが本当に自分に必要でそれがあ
    ると自分は幸せなのか胸に手をあてて自分に聞いてあげてください。
    せっかく可愛いコスメをたくさんお持ちなら毎日笑顔になれるものでメイクしておでかけしていきま
    しょうよ♪

  9. 9. 名無しのイケジョさん

    何に使うかは環境次第

    お金はどうやって出しているのでしょうか。
    もし自身で働いて出していてそれでも生活ができているのであれば、何十万、何百万使ってもご自身がその分楽しめるのなら素敵なお金の使い方だと思いますよ。
    ただ「さすがにまずいな」と思われるのであれば、もっと別の使い方を模索してみてもいいかもしれません。
    また親や旦那さんなどに出してもらっている場合は、ちょっと控えたほうがいいかもしれません。
    一生懸命働いて得てくれているお金なので大切にすべきです。
    ただ、家族がとても裕福な場合でしたら、恵まれた今の環境を活かして好きなメイクを仕事にできるくらいに極めていくのも楽しい生き方だと思います。

  10. 10. 名無しのイケジョさん

    コレクションだけならもったいないです。

    楽しみがあるっていいですね、しかもメイクなら綺麗にもなれるしいいですね。
    ただ買う量はさすがに多いですね、何か満たされない気持ちがあるから次々に買わずにいられなくなっておられる感じもします。
    コレクションしたいのであれば振り切って集めるのもいいですね。
    別にご自身の趣味で誰にも迷惑かけてないのですから。
    後悔されているなら誰かに売るとか分けるとかしましょう。
    あと何か集めるだけになっていてもったいないとも感じます。
    それを使ってメイクレッスンなどのプチ講座を主催するなど自分の可能性を広げることを考えてみてはいかがでしょうか。
    収入にもなり一石二鳥ですよ。

  11. 11. 名無しのイケジョさん

    毎月の枠を決めてはどうでしょうか?

    メイク商品は見ているだけでもワクワクしますよね。
    趣味とまではいかないかもしれないですが、私も大好きで、化粧品会社のBAとして働いていた位です。
    その頃は大好きな化粧品に囲まれた生活で、毎日何を買おうか考えている自分に気がついて、これはさすがに感覚が麻痺してきているな、と感じました。
    そこで、考え方を改め、本当に自分に必要な物で、いい物を毎月何個まで、という様に、毎月の枠を決めてセーブする様にしました。
    無意識で買ってしまっている時があるという事ですが、もう一度しっかり状況を把握し、気持ちを改めて目標を立ててみてはいかがでしょうか?

  12. 12. 名無しのイケジョさん

    職業にするか、趣味ならお小遣い額に留めるまでです。

    月に数十万円は大変ですね。
    誰しも無駄遣いはあるものですし、
    女性なら美の追求をしたい気持ちもわかります。

    ただ、消費するだけでは、購入分の価値を活かしきれているかは疑問です。
    ですから、それを職業にするか、単純に趣味ならお小遣い額に留めるまでです。
    職業は、コスメアドバイザー、メイクアップアーティストなどです。

    コスメも多くは使用期限があるので、たくさん買っても使用しなければ、廃棄しなければならないのでとても勿体無いです。
    身の回りの人に「コレがいいよ!」という話をしても人気者にはなりますが、散財になるだけです。
    そこで、せっかくそれだけ試したのであれば、ホームページやブログを立ち上げ収入に繋げる方法もアリかも知れません。
    でも、単に趣味であるのならば、お小遣いの範囲内とするべきかと思います。

  13. 13. 名無しのイケジョさん

    メイクでお金を稼げれば万事解決

    一番いいのは、「メイク」を趣味じゃなくて、仕事として行うようにすればいいのではないでしょうか。
    「メイクアップアーティスト」になれば、今までは自分1人にしかメイクできなかったのが、全世界の女性「約37億人」が対象になります。
    他人にメイクするのが嫌なら、YouTubeの動画で様々なメイクが披露されています。
    再生数が稼げれば、お小遣いが稼げますし、趣味を楽に続けることができるかもしれません。
    私はメイクにあまり詳しくないのですが、メイクというのは、お金をかければかけるほど綺麗になれるもの何ですか?
    ならば、今度は逆にあまりお金をかけないでどれだけ綺麗にメイクすることが出来るのか、挑戦してみるものいいかもしれません。

  14. 14. 名無しのイケジョさん

    他に意識を向けましょう。

    季節ごとに発売される化粧品は手に取るだけでワクワクしてしまいますよね。
    でも新作をその都度買っていたのではいくらお金があっても足りません。
    顔はひとつです。
    きっと使い切れなくて中途半端になっているメイク用品がたくさんあるのではないでしょうか。
    理想としてはひとつを使い切ってから次のを買う、ですがそれでは楽しみがなくなってしまいます。
    かと言って際限なく買っていれば企業の思うがまま…。
    無意識状態で買ってしまうというのは危険ですね。
    癖になってしまっているのでしょう。
    何か他に楽しめる趣味を見つければ化粧品から少し意識を遠ざけることができるのではないかと思います。
    新しい趣味を探してみましょう。
    もちろん数十万も使わないものでね。

  15. 15. 名無しのイケジョさん

    家計簿をつけてみてはどうでしょうか

    メイクをするのは楽しいですよね。
    ワクワクするし、違う自分も見れるし。
    女性に生まれてよかったと思える瞬間です。
    私も女性なので気持ちがよく分かります。
    なかなか自分の趣味にお金を制限するのは難しいですが、まずは家計簿からつけてみてはどうでしょうか。
    セーブをするしないを考えずにまずは1ヶ月間つけてみて、一か月経ったところで家計簿を見直してみてください。
    まずどのくらい買ってしまったのかを把握します。
    それから他の出費もみて、どのくらい月に貯めなければならないかも決めてしまい、残りをメイク道具に使えば良いと思います。

この相談に回答する

人の不快となる様な内容ではありませんか?