夫の通販での衝動買いを防ぎたい!後払いで金銭感覚がマヒしてるみたい

   相談投稿日:2018年2月19日

わたしの旦那は、おもに通販で服を購入しています。自分の好みのいくつかのブランドが通販で主に販売されているようです。
服は必要なので買うのは構わないのですが、購入方法が全て後払いです!ですので、当然金銭感覚が麻痺して、請求は高額できます。4〜5万です。子どももいるのに自分の服に、ひと月になぜそんなにお金をかける必要があるのか理解できません!仕事もスーツでいくため、着るのは土日だけなのに‥なんとかこの衝動買いの癖を直せないものでしょうか?

    みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    カードを止めることも視野に入れて話し合ってみては?

    一月に4〜5万円も洋服代に使われると辛いですよね。
    カードで支払いをすると、お金を使っている実感がわかないため、ついつい使いすぎてしまうので、これまでに旦那さんが使った金額と洋服が一目でわかるように一覧表を作り、いかに無駄な出費をしているのか自覚してもらうことが大事だと思います。
    もし、着ていない洋服があれば、売却し、それでも通販の利用状況が変わらないのであれば、カードを止めることも視野に入れていると真剣に伝えることも必要かなと思います。




    0



    0
  2. 2. 名無しのイケジョさん

    通販で服を買うのを制限する

    衝動買いはなかなか治らないですよね。
    特に、通販だと商品や金額が見えづらく、ボタン一つで購入から支払いまで済んでしまうので、後払いとなると、尚更たくさん購入してしまいますよね。
    旦那さんが購入してしまう気持ちも分かります。
    ですが、やはり月に4、5万円は高すぎると思うので、まずは、ネットで服を買うのは止めるように勧めてみてはいかがですか。
    諸悪の根源は通販で購入することだと思うので、ネットを制限して、服を買うのは実店舗のみにして、試着をして、その場で現金で支払いをするようにすれば、満足度も上がりますし、衝動買いも減ると思います。




    0



    0
  3. 3. 名無しのイケジョさん

    お小遣い制にして管理してもらいましょう

    通販といってもクレジットカードで商品を購入しているわけですから、自分のお金から引き落としされるクレジットカードを発行してもらいましょう。
    我が家ではそのようにすることによって、旦那の自由に使うことができるお金の量を制限しました。
    結果的に無駄なお金を使うことも減ってきたのでよかったのではないかと思います。
    お金はあなたを全て使ってしまうので、そうならないようにお小遣い制にして管理してしまうのが1番良いと思います。




    0



    0
  4. 4. 名無しのイケジョさん

    落ち着いて話し合いをする

    子供が大学卒業するまでにかかる学費や食費や全てを計算して、見せてみてはどうでしょうか。
    子供を育て上げるまでには大金がかかります。
    それをまだ実感していないんだと思います。
    子供が小さい時はまだお金がそんなにかからないので、その時に将来の貯蓄をしておかないと後から大変なことになります。
    年齢とともに子供はたくさん食べますし、いろんなものが必要になってきます。
    それを旦那さんに落ち着いて話してみてはどうでしょうか。




    0



    0
  5. 5. 名無しのイケジョさん

    ハッキリと本人にいうべき

    相談者様の旦那様は責任感が無さすぎると思います。
    収入がどのくらいあるのか分からないですが、1ヶ月の収支と支出を書き出して見せるべきだと思います!
    どのくらい自分の服の割合が多いのか知るべきだし子供に幾ら掛かるかや、どれだけ将来掛かるのかも知らせるべきだと思います。
    服に掛かるお金をどのくらい減らせば年間に幾ら貯金できるかなども言うべきですね。
    (溜まったお金で旅行も行けるとか提案するのもありかもしれませんね)




    0



    0
  6. 6. 名無しのイケジョさん

    離婚危機もありえると伝えておきましょう。

    衝動買い癖のある夫には、ママ友などの夫を例に出し、衝動買い癖のあるおかげで貯金ができず離婚危機になっていると話してみてはいかがでしょうか。
    実際、今は数万円で済んでいますが、衝動買い癖のある男性は自分のお給料に見合った買い物などができず、将来とてもお金に苦労すると思います。
    今後子供が大きくなると、お金もどんどんかかるので、お金はとても大切でお金のことで離婚危機にもなりえるということを、夫にも知っておいてもらうことが大切ではないでしょうか。




    0



    0