イクメンぶる夫を本当のイクメンにしたい

   相談投稿日:2018年2月12日

私は結婚後、事務員のパートをして働いていましたが妊娠が発覚し退職しました。現在、娘は1歳10ヶ月になりましたが空いている保育所がなく専業主婦をしています。
夫は工場勤務ですが現場のため朝は6時半に出て夜は21時半頃に帰宅します。趣味は釣りやソフトボール、バレーボールとたくさんあります。平日は忙しいため帰宅してもご飯とお風呂が済んだら寝るだけのような生活ですが土日も趣味に費やすため、毎週忙しく出かけています。
平日は仕事のため、忙しくて仕方ないのですが土日くらいは手伝ってほしいと思っています。たまの休みに出かけたらすぐSNSにアップしてイクメンぶった文章を載せています。
週末も平日頑張っているんだからと今まで我慢してきましたが最近、友人の前で偉そうにイクメンっぷりを自慢したり、私がダメな母親だと罵倒してきたのでさすがにイライラが爆発しました。
実際に育児で参加してくれていることは、予定がなかった土日にお風呂に入れる、出かけ先で抱っこする、といった感じです。
少しでもイクメンに近づける一歩として何か私ができることはないでしょうか??

 

    この悩みへの、みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    本当のイクメンに会わせるしかない

    そういうパパは、イクメンぶっているのではなく、多分本当に自分がイクメンだと思っているのだと思います。
    そんな人には、本当のイクメンがどんなに頑張っているか、自分と比較する機会が必要です。
    例えばお友達に協力してもらって家族ぐるみでホームパーティーをするとか、ママ友を家に招いてイクメン旦那の自慢話をしてもらうとか。
    よほど無神経か鈍感なパパでなければ、「あれ、俺ってイクメンじゃないかも?」と感じてくれると思いますよ。

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    第三者のチカラを借りましょう。

    知人で、本当に育児に協力的な旦那様を持つ人はいませんか?そういう方がいれば、休日にご自宅に招いたり、あるいはどこかへ一緒に出掛けたりしてもらいましょう。
    知人の旦那様が率先してミルクをやったりオムツをかえたりしている様子を見せることで、相談者様の旦那様が自称イクメンに過ぎないことを自覚してもらう作戦です。
    相談者様が何か言えば反発される可能性もありますが、第三者が言葉ではなく行動で示せば、旦那様は何もいえないでしょう。
    すぐにイクメンになることは難しいかもしれませんが、少なくとも自分がイクメンだと大げさに自慢するのは辞めてくれると思います。

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    予定を立てられてみては

    たまにしか育児の手伝いをせず、休みの日に家にいない日が続くだけでなく、ダメな母親と言われると腹が立ちますね。
    趣味の予定を入れられる前に先に家族で出掛ける予定を立てられてはどうでしょうか?また月の休みの1日は趣味を楽しんでもいいけど、残りの休みの日は家族の日にしてと提案されてはどうでしょうか?
    せっかくの休みの日ぐらい子どもと関わってほしいですよね。
    お子さんを1日旦那さんに預けてみられるのも良いと思いますよ。
    あなたもリフレッシュが出来ますよ。

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    どんどんSNSにアップしましょう

    あなた様をダメな母親だと罵倒してきたのでさすがにイライラが爆発してしまったと書いてありますが、それは当然です。
    たまに育児に参加して何言ってんの?って感じですよね。
    でも、ダンナさんがSNSにアップして、イクメンぶった文章をのせているなら、もっとSNSを活用してしまいましょう。
    「ねえ、お風呂入れて~。
    私、写真撮るから」と言ってお風呂に入れさせる。
    「ねえ、だっこしてあげて~。
    私、写真撮るから」とどんどん手伝ってもらって、SNSにのせてもらうのはいかでしょうか?

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    きっとご友人もわかっていますよ。

    毎日育児お疲れ様です。
    24時間休みも無く、ご主人の助けがないと本当に大変ですよね。
    ご主人はちょっとしか手伝っていないのに「ダメな母親だと罵倒」するなんて、何を言っているんでしょう。
    やることやってからにしてほしいですよね。
    本当のイクメンでないことは、きっとご友人も(子供を持っている人なら)わかると思います。
    SNSは本人の幻想ですから、見ないようにして現実逃避をしているんだなと思うようにしましょう。
    イクメンに近づけるには、一から少しずつ教える、その時その時に「オムツは、おやつあげて、麦茶あげて、よだれふいて」と指示をすることでしょうか。
    無理しないでくださいね。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    旦那さんと話すのが一番

    旦那さんに育児を避ける事ができないような状態を作ってみてはどうでしょうか。
    お母さんもずっと育児だとストレスも溜まりますしたまにはリフレッシュしたいですよね。
    なのでその事を旦那さんに伝えてみて、たまには友達とランチに行ったりするや、ショッピングに行きたいなどと伝え、育児から一瞬離れる時間をつくりたいと伝えてみてはどうでしょうか。
    真剣に話しして一緒に子育てしたいという事を伝えたら旦那さんも理解してくれると思います。

  7. 7. 名無しのイケジョさん

    イクメンという言葉自体に疑問を感じます

    誰かが、「イクメン」って何?父親なんだから自分の子どもの面倒を見るのは当たり前でしょう、それを自慢する意味が分からない。
    と言っていて、ものすごく共感した覚えがあります。
    それを言うと、仕事をしているのだから、との反論がかえってくるかもしれませんが、毎日のようにそれを支えているのは誰なのか、ということを考えさせてみましょう。
    旦那さんのお仕事の時間帯を考えると、平日はお子さんと接するのがなかなか難しいかもしれませんが、もう少し土日にお子さんとの時間をたっぷりととってもらえるように説得することが第一歩ではないでしょうか。
    お子さんが成長すれば、学校の友達や恋人と過ごす時間が長くなっていきますし、娘さんということで、お父さんと距離をとるようになるかもしれません。
    家族で一緒の時間をたっぷり過ごす時間は、思っているよりも限られています。
    その時間を大切にしないか、ともちかけてみてはいかがでしょうか?

  8. 8. 名無しのイケジョさん

    1日子どもをだんなさんに任せてはいかがでしょうか?

    毎日、家事と育児お疲れさまです。
    仕事が忙しいだんなさんを気づかって頑張っているのですね。
    だんなさんは、育児のしんどさを知らずに本当に自分がイクメンだと思っているのかもしれませんね。
    だんなさんがお仕事がお休みの日にお子さんを任せてはいかがでしょうか?例えば、あなたが病院に行くとか美容院に行くのでと言って、始めは2時間位からでいいのでだんなさんとお子さんを二人きりにしてしまうのです。
    どうしてもあなたが一人で行かなければならない用事を作って任せたら、育児の大変さが分かるのではないでしょうか?あなたが帰ってきたときに大げさすぎるほど感謝を示すのも大切です。
    少しずつ回数や時間を増やしていってください。
    だんなさんもお子さんが可愛くてもっと一緒にいたいと思われるかもしれませんよ。

  9. 9. 名無しのイケジョさん

    イクメンという言葉自体がおかしい

    子供っぽいご主人ですね。
    イクメンって言葉が流行ってしまったのがそもそも良くなかった。
    自分の子の育児に酸化するのは当たり前の事なんですよ。
    それをイクメンてね。
    アホかと呆れてしまいます。
    うちの夫はイクメンという言葉が大嫌いだと言っています。
    アピールするやつもアホだと言っていますね。
    養ってやってるんだ、という上から目線の心があるから罵倒するような態度も出るのでしょうね。
    そこをついてみてはどうでしょう?共働きなら偉そうにされる覚えはありません。
    「あなたから偉そうにされるから、仕事探すわ。
    共働きなら、育児も折半するのが当然よね?」
    一緒に育てるのが夫婦です。
    頑張ってくださいね。

  10. 10. 名無しのイケジョさん

    そんな人たくさんいるみたいですね

    趣味が多い旦那さんなんですね。
    多少の育児でイクメンぶる人は多いみたいですが、自分は大した事をしてないのに奥さんを駄目呼ばわりは許せないですね。
    その日は無理と言われない程度の日程、例えば1ヶ月後くらいの予定として休日を利用して何年も会っていなかった友人に会わなくてはいけないけど子供を連れて入れない場所だからと預けてみる。
    理由は何でも良いと思います。
    子供が心配かもしれないですけど、数時間だけでも1人で子供の世話をする事がどれだけ大変か知ってもらうべきです。
    後は何かやってくれる毎に、パパだと嬉しそうだねなど持ち上げ褒める。
    案外男性は単純だから褒めたりすると調子に乗ると思います。
    本来なら当たり前の事なんですけどね

  11. 11. 名無しのイケジョさん

    偽物のイクメンを本物のイクメンに育ててしまいましょう。

    奥様の心労お察しします。
    「嘘から出たまこと」という言葉があるように、
    偽物のイクメンを本物のイクメンに育ててしまいましょう。

    それでも、何もしない旦那様もまだまだ多い中
    実際に育児で参加してくれていることは、予定がなかった土日にお風呂に入れる、出かけ先で抱っこする。
    これだけでも、良い方です。

    ですが、貴女をダメな母親として罵倒するのであれば、
    旦那さんをのせて、「スゴ〜い!」「頼りになる〜!」を連発し、お手本として動かしてしまいましょう。
    SNS用の写真は貴女が撮るという形で、どんどん家事に参加してもらうのは如何でしょうか。

  12. 12. 名無しのイケジョさん

    イクメンにするには時間がかかる

    子育て参加をちょっとしただけで、自分がイクメン気取りというのは奥さんとしては許せないことでしょう。
    ましてや友人の前で奥さんのことをダメな母親と罵倒するなんて最低です。
    ご主人をイクメンにしたいというまえに、そういう気遣いの無さをしっかり直させた方がいいと思います。
    こんな調子だとこの先の結婚生活も長続きしない可能性さえあるでしょう。
    子育ては夫婦二人でしっかり力を合わせていくものです。
    二人で話し合いをする時期にきていると思います。

この相談に回答する

人の不快となる様な内容ではありませんか?