結婚5年目消極的な7歳上の夫と仲良しする方法

   相談投稿日:2018年2月19日

結婚5年目の夫婦です。
夫は子どもが好きでよくかまってくれています。

実は一人目妊娠には3年かかり治療もしました。1年半治療しましたがその間、夫は検査など一切協力してくれず諦めましたがやっと妊娠することができました。
私の体のどこか悪いところがあったわけではなかったので単に夫婦生活の頻度だと思うのです。
しかし元々半年に一度、短くて2.3ヶ月に一度の夫婦生活頻度です。それなのに妊娠しないのは私のせいだと責めてきてあの頃は本当に辛かったです。
その頃も疲れてすぐ寝てしまうので私から誘うこともありましたが「気分じゃない」と言われることもありました。

夫とは7歳差ですが私は2人目も欲しいしまだまだ仲良くしたいのです。上手く誘ったりする方法はありませんか??

 

    この悩みへの、みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    まずは休養と気分転換を。

    夜の事は無理にしようとすると逆効果な気がします。

    お一人お子さまがいらっしゃると言うことですが、それも苦労なされたのですね。
    多分旦那様はそういった事も含めて疲れてしまったのだと思います。

    気持ちが高ぶらないと夜の事は上手くいきませんから、あえて旅行などをして一泊しても求めない方が良いかもしれません。
    気分転換を気長にしてみてはいかかでしょうか。

    こればかりは相手の気持ちがないと出来ませんから精神的なゆとりを作ってあげる他ありませんよね?
    それなのに急かすような事をしたら余計に嫌がられてしまいます。

    遠回りなようですが休養を与えてあげてはいかがですか

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    ゆっくりともう一度近づいていきましょう

    我儘な旦那様ですね。
    ですが、文面から察するにマンネリになるほどの回数もされていないようですし、旦那様としてはあまりしたくない理由があるのではないでしょうか。
    ご年齢がおいくつか分かりませんが、本当に体力的に厳しいのかもしれませんし何かコンプレックスをお持ちかもしれません。
    それをこじ開けるのは難しいのでまずはスキンシップから始めてみた方がよろしいかと思います。
    お金に余裕があれば旅行で環境を変えたり、お子さんが大きくなったら2人でデートも良いですね。
    ちょっとうぶなカップルくらいの感覚でもう一度ゆっくり距離を近づけていかれてはいかがでしょう

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    やはり頻度は大事だと思います。

    タイミングよく仲良ししない限り妊娠しにくいものなのに頻度が少ないとなると余計に難しいですよね。

    率直に二人目が欲しいんだけど。
    と言ってみても効果はないのでしょうか。
    それであったら解決してますよね(´・ω・`)私の知り合いで、似た感じの旦那さんを持った方がいました。
    その旦那さんは前戯がめんどくさいらしく、なかなか仲良し出来ませんでした。
    二人目を作るために途中まで1人でして途中から挿入して。

    という方法で二人目を妊娠されてましたよ( .. )

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    優しさと思いやりで癒しを。

    子供は本当に可愛くて愛しい存在ですよね。
    旦那さまもお子さんを可愛いがっておられるようですし、決して子供がほしくないわけではなく、日々お仕事などでお疲れになられていて、なかなかあなたへの配慮まで気が回らないのかもしれないですね。
    今は無理に誘ってアピールするよりも労い優しくすることを心がけてみてはいかがでしょう。
    疲れた心にあなたの思いやりや優しさが染み渡り、自然と気持ちがほぐされて仲良くしたい気持ちが高まるかもしれません。

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    小旅行などで気分転換してみてはいかがでしょうか?

    これまでも、いろいろな方法で相談者さんから、旦那さんを誘ってみたりされているのですね。
    旦那さんは、お仕事が大変で、平日はなかなか難しいのでしょうか。
    お子様もいらっしゃるので、遠出や泊まりの旅行はできないかもしれませんが、休日には家族温泉に行って、疲れを取ってもらい、夜は夫婦の時間を作るなど、少し気分転換ができるようにしてみてはいかがでしょうか?少しお酒の力を借りたほうが良ければ、眠くならない程度に飲んでみるの良いかもしれません。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    ストレートにあなたが欲しいと言うのはどうですか

    妊娠できなかったのを奥さんのせいにするなんて酷いですね。
    そんな簡単に妊娠って成立するものではないのに。
    男の人はそういうことに無関心というか無神経なのでしょうかね。
    二人目が欲しくて仲良ししたいのなら「二人目が欲しい。
    」とか言わずに、ストレートに「あなたが欲しいから。
    」なんて言ってみてはどうでしょうか。
    「二人目が欲しい。
    」という理由だと、男の人にとっては『子作りの道具かよ。
    』なんて思ってしまうかもしれません。
    自分の事を求めているって思うと男の人は喜ぶでしょうし、自分から誘惑してみてください。
    仲良しする頻度が増えるかもしれませんよ。

  7. 7. 名無しのイケジョさん

    誘っても断られるとショックですよね

    結婚5年目で7歳差ですと確かに気持ちの面でたいぶ差が出てきてしまうかもしれませんね。
    もともと淡白な方のようですので、あまりプレッシャーをかけ過ぎると嫌われてしまうかもしれないし難しいですよね。
    うちの場合はマッサージなど効果的でしたよ。
    疲れている旦那さんならなおのこといいかもしれません。
    あまりにも気持ちがよくてそのまま寝ちゃうかも知れませんが、それも多めに見てあげてくださいね。
    まずは気持ちで寄り添うことが大切ですよ。

  8. 8. 名無しのイケジョさん

    繊細な問題なので気を遣いますよね

    お付き合いしている頃からそのくらいの夫婦生活の頻度だったんでしょうか?
    だとしたら、もともと性欲があんまりない旦那様なのかもしれません。
    うちの主人も、元々性欲があまりない方でしたが、私がスキンシップ好きなのでいつも大げさにリアクションしていたら
    自然と回数が増えましたよ。
    二人目がほしいとのことなので、旦那様はもしかしたら子作りのためだけにするのが嫌なのかもしれません。
    なので、「仲良くしたい」という気持ちを素直に伝えればいいと思いますよ。

  9. 9. 名無しのイケジョさん

    あまり気負いすぎずにスキンシップしてみては?

    結婚五年めというと、だんだんとレスになっていく時期ですよね。
    ましてや子供がいると、家庭はそういう場所ではないという刷り込みがおきるし、また男はずっと一緒にいる異性には近親相姦防止のために、だんだんと性欲を抱かなくなっていくなんて話も。

    あまり積極的なアプローチはプレッシャーにもなってしまうので、最後まで出なくても良いからというスキンシップを試みてみるのはいかがでしょう?旦那さんのタイプによりますが、素直に打ち開けるのが逆効果になることもあれば、逆もあるので難しいところですね。

  10. 10. 名無しのイケジョさん

    ちゃんと話し合いましょう

    2人目が欲しいということを素直に伝えてみてはいかがでしょうか。
    旦那さんも子供が好きなのであれば2人目だって了承してくれるのでは?正直にこの頻度では妊娠するものもできないと少し強く言ってあげて良いと思います。
    夫婦生活の価値観のズレはなかなか辛いですよね。
    自分から誘うのもなんとなく気がひけると思いますし。
    でも2人目が欲しいのであれば旦那さんとわかり合うのは必須項目だと思います。
    めげずに頑張ってください!

  11. 11. 名無しのイケジョさん

    疲れていない日を狙う

    働いていると平日は睡眠を確保したいと思うので、ご主人がすぐに寝てしまうのも分かる気がします。
    なので誘うとしたら、ゆっくり過ごせる土日がいいと思います。
    寝室もリラックス出来るように、インテリアや寝具を変えてみたらどうでしょうか?
    妊娠は夫婦生活の頻度より授かりものだと思うので、お祈りするのもいいかもしれません。
    また、ご主人の協力を得たいなら2人目が欲しいことをはっきり伝えて、二人で計画を練ることも必要になってくると思います。

  12. 12. 名無しのイケジョさん

    ゆっくり夫婦の距離を詰めていく作戦は、どうでしょうか?

    うちと同じ年齢差ですね。
    うちは、新婚当初くらいの時は、私から積極的に直接声をかけ、誘ってましたが、一人子供ができたあとは、ガクンと夫婦生活が減りました。
    やはりあなたと同じで、私から何らかの手段でお誘いしなければ「面倒くさがる旦那は、自分から誘わない」からでしょうね。
    結婚して十数年経ってしまいましたが、私から部屋の雰囲気を変えてみたり、こだわりのインナーを着てみたりしてます。
    あとは、図書館などで夫婦のありかたの本や、男性心理の本も借りてますよ。
    少しずついけばいいと思います。

この相談に回答する

人の不快となる様な内容ではありませんか?