肌のキメを整えて綺麗になりたい。年齢を重ねて肌のキメが粗くなってきた

   相談投稿日:2018年2月25日

だんだんと年齢を重ねていくにつれて、肌のキメが粗くなってきたように思います。若い頃は何もしなくても、どんな化粧品を使っても、きれいな肌でいられたのですが、今ではそれが通用しません。それどころか、ちゃんとお手入れしないと酷くなる一方です。お金をかければ、もちろん綺麗になれるのですが、お金をかけずともきれいな肌でいる方もたくさんいらっしゃいます。美容に疎い私はそこまで方法がわかりません。今は、子育てや家事に追われて自分の肌の手入れに時間をかけることができないのですが、簡単にできて毎日続けられるようなお手入れ方法が知りたいです。

    みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    艶のある肌へ、まだ出来ることがありますよ

    肌は普段のお手入れの積み重ねですから、一朝一夕には手に入れられませんよね。一番はクレンジングと保湿です。メイクの汚れが残ってシミや肌荒れの原因になったりしますので、夜のお手入れは丁寧に心掛けて下さいね。お風呂もなるべく湯船に浸かって汗をかいて毛穴から汚れを出しましょう。その際に指でかるく目の周りをぐるぐると弧を描くように、次に頬から首の下へ向かって気持ちいいと感じる強さでリンパマッサージをすると、血行が良くなり肌の状態も良くなりますよ。お風呂上りには保湿です。化粧水だけというよりは、乳液や美容液などの保湿成分がたっぷり入ったものを肌に浸透させるイメージで、手のひら全体で押し込むように塗って下さい。これまでちゃちゃっと済ませていたお手入れに、プラス5分のセルフマッサージをすることで肌が蘇ってきますよ。

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    お金は無理でも手間はかけないと無理かもしれません

    答えは割とわかりやすくてお金をかければ綺麗になれるとおっしゃっているので一番はお金をかけるのではなくて手間をかけてあげることかも知れません。現在子育てで忙しいとのことなのでゆっくり時間をかけていられないのもわかります。でもどちらかだと思います。今は子育てでしたら少し疎かになっても仕方ないと思います。みんな肌が劣化して来るのは一緒だと思います。たまには何もしてなくてもという人もいますが年齢それなりになってくると思います。ながら作業でもいいので顔をパックしながら子供の歯磨きをしたりなど何かをやりながらなら続けられると思います。

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    できるだけ化粧品を使わないようにしましょう

    若い頃と比べてお肌が荒れてしまい、化粧がうまくできないのがお悩みということですね。一番手っ取り早いのはお金と時間をかけることですが、今回相談者様はそれができないとのことですので、別の解決方法をお話させていただこうと思います。
    肌への負担を避けるためにはできる限り肌への接触回数を減らすのことが重要です。そのためには今使われているスキンケア用品、化粧品をできる限りやめてみてください。例えば、化粧水、乳液、マスク、アイクリームなどたくさんの種類を使うのをやめて、ワセリンのみにするのは、とても効果的な方法だと思います。

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    ご参考になればよろしいのですが

    肌のキメって大事ですよね。キメの整ったくすみのない肌が理想かと思います。わたしは若い頃からどちらかというと肌が荒れているほうだったので、現在自分に合ったスキンケアを理解してからは、三十台を過ぎた現在のほうが調子が良いです。まずは、古い角質を取り除き、保湿をしっかりとするよう心がけてください。わたしの場合は、拭き取り化粧水で優しく拭き取ってからコットンでパッティングをしています。てでパッティングするのとコットンでするのでは全く違いますよ。後はかならずクリームを仕上げに塗ってください。できれば寝る前にもう一度クリームを塗ると翌朝お肌もふっくらですよ。

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    安い商品をたっぷりと使ってみる

    年齢を重ねるとお肌の手入れは憂鬱になってしまいがちですよね。私も高い化粧品はそうそう買えないですし、いざ使うとなるとけちってしまいがちです。
    だから、朝晩の洗顔だけはちゃんとします。泡だてネットでたっぷりと泡だてて、決してこすらず泡で顔を洗うようにして、ドラックストアで売っている程度の一本1000円しない化粧水をたっぷり使います。もちろん乳液もたっぷり。
    メイクをした日はメイクをしっかり落とすのが大事です。ここもケチらずたっぷりクレンジングオイルなどつかって、なるべくお肌をこすらないように優しく優しくメイクを落とします。これだけでも、ちょっとずつ沈着した色素も落ちて、たっぷりの化粧水でお肌のきめも整ってきますよ。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    簡単に普段の生活にとりいれて

    キメの細かな透明感ある肌って女性にとってはいつまでもそうありたい理想的なものですよね。しかし、残念ながら年齢を重ねるとどうしても肌に衰えが出てしまうのもまた事実。。家事や育児に終われているとなかなか自分のためにかけられる時間やお金もなくなります。やはり一番簡単にできるのは、夜寝る前にササッとケアできる、保湿も美容も兼ねている自分に合ったオールインワンジェルを見つけることではないかと思うのですが、普段の生活の中でも料理にお酢を使ったり、フルーツをとったりして、外見だけでなく中からの改善を試みるといいと思いますよ。

  7. 7. 名無しのイケジョさん

    肌週間をかえてみる試みもあり

    最初の文面に羨ましい限りです。特に「どんな化粧品を使っても」というのは、お肌が何でも受け入れてくれてたんですね。それが贅沢な方向にいったのかはわかりませんが、まだお手入れ次第では綺麗になっていけるのでしたら、簡単でやすいを習慣化させることで、贅沢になってしまった肌体質を改善していくのはいいですよね。
     現在お仕事をされていないようでしたら、一度お化粧をストップすることも肌週間には大事かもしれません。勿論、日焼け止めは塗りますが。お化粧品は「使う」と「落とす」がセットです。使うことで日中は毛穴を埋めてしまって通気性をなくすし、落とすことで多少でもごしごしします。更に念入りに落とそうとすると、毛穴をもっと広げてしまうことにもなりかねません。本来は何もつけないのがよい、と言われていますが、なかなか出来ないので女性はいつも大変な思いをしますよね。今子育て中だからできることをちょっとだけ実践してみても悪くないかな、と思うのです。

  8. 8. 名無しのイケジョさん

    簡単なマッサージがおすすめ

    簡単に出来るマッサージはどうでしょうか。
    マッサージというと面倒くさいイメージがありますが、
    今はふき取らなくていいマッサージクリームや、1分でできるマッサージ方法もあります。
    お風呂から出たらまずマッサージクリームだけは顔全体につけておくといいですよ。
    何もつけないと更にキメが粗くなってきてしまいます。
    その後育児や家事が段落したら、頬骨の下などのツボを押すだけでもスッキリしますし、簡単なリンパマッサージが出来ると更に効果的です。
    キメも整います。
    その後に化粧水や乳液をつけると肌によく浸透しますし、乾燥を防ぐこともできます。

  9. 9. 名無しのイケジョさん

    肌をごしごし洗わない事

    毎日、洗顔をするときにゴシゴシあらうと肌に負担がかかり良くないと聞きますし、シワになる原因だそうです。私の母は、とても肌が綺麗でシワが一つもなく五十代には見えません。ある時、私が母になんでそんなに肌が綺麗なのかを聞くと、洗顔料を使い顔を洗う時に、泡をたくさんたてて泡で肌を洗うようにし、指は肌につけないようにすると言っていました。それから私は泡をよく泡だて、泡で顔を洗うようにしています。それまでごしごし洗っていてシワや毛穴が気になっていた私の肌も、きめ細かくなり、肌に透明感が出るようになりました。

  10. 10. 名無しのイケジョさん

    毎日、納豆を食べましょう

    家事育児に追われていたら、自分にかける時間が本当にないですよね。私も保育園児が二人いるのでわかります。
    美容のためにはお風呂あがりの保湿と毎晩納豆を食べることを心がけています。
    納豆は朝より夜のほうがいいらしく、また熱に弱いらしいので冷めたごはんと一緒に食べています。キムチを一緒に入れてごはんは食べない時もあります。
    外側からのケアだけでなく内側からのケアも大事だと思います。あとは野菜を多く食べるように心がけたりするのも効果があると思います。
    毎日大変ですが、綺麗なお母さん目指してお互い頑張りましょう。

  11. 11. 名無しのイケジョさん

    洗顔と保湿をしっかりするだけで充分です

    お肌のお手入れの基本は後にも先にも洗顔と保湿、これだけです。
    まずはしっかりとした洗顔をして肌状態をリセットすることから始まります。洗顔料は別に高級品である必要はありません。
    洗顔ネットを使ってとにかくモコモコの泡を作って毛穴の汚れに洗顔料が入るように優しく洗いましょう。
    優しく洗ったらしっかりと洗い流してクリーンな状態にしましょう。
    そして保湿ですが洗顔後はあまり放置時間を長く置かず速やかに化粧水をたっぷりとつけましょう。
    これも特に高級品である必要はありませんが、とにかく肌が乾燥しないように浸透するようにたくさんつけましょう。
    そしたら後は乳液やオイルで蓋をするだけです。
    これらの基本的なことをしっかりするだけで肌が状態がよくなるのでキメも細かくなると思います。