障害が目立たないようなファッションは?

   相談投稿日:2018年2月25日

障害と書いてしまいましたが私は側弯症で服を着ていても背骨が曲がっているのが分かります。
また、それだけではなく斜頚も持っているのでかなり目立ちます。
おしゃれは楽しみたいのですが、まず背骨が曲がっているのが目立つ服は着ることは出来ません。
ジャケットを着てもボタンを留めてしまうと体のラインが目立つのでボタンを閉めずに着ることが多いです。
問題は斜頚の方なのですが、顔が曲がっているのでどんな服装をすれば目立たないのかが分かりません。
タートルネックなら目立たないと思うのですが、毎回タートルネックでも面白くありません。
何かいいアイデアはないでしょうか?
特に夏の時期なんかが悩みます。

    みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    長めのカーディガンやストールはいかがでしょうか?

    背骨が曲がっているとのことですが、それでしたら、体のラインを目立たない服のほうがいいですね。長めのカーディガンで、体全体をふんわり包んではどうでしょうか?私は長めのカーディガンやダッフルコート調のロングカーディガンを着て、体のラインを隠していますよ。それから、斜頚の方なのですが、相手の視線を顔でなく、下のほうに集める手もありますよね。大ぶりのネックレスをつける。ブローチをつける。それだけで相手の視線は下に行きます。それから、ショールやストールなので、体全体を包んで、視線をそっちにほうに集めてしまうという方法もありますよ。

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    ストールやマフラーなども良いですね

    わたしの母も斜頚なのですがやはり首を隠すものを良く身につけております。
    冬場はマフラーやネックウォーマー夏場はストールを必ず巻いて出かけます。
    周りの目はかなりきになるようなので上着は脱いでも首回りのものは外せないようですが、巻物ならば軽いので荷物になりませんしおススメです。
    主さまはまだお若いでしょうから母の楽しみ方は参考になるかわかりませんが、カラーバリエーションや柄によって二種類のストールを組み合わせて巻いたり、結び方に工夫をしてみたり、ブローチなどを付けて母は楽しんでおりますよ。

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    それ、よく分かります

    私も側湾症で、中学生の頃はコルセットをつけていました。とは言っても、側湾症を治せるわけではなくそれ以上の悪化を防ぐという適度のことしか効果はありませんでした。当時は思春期ということもあり、コルセットつけていると制服を着ていても目立ちますし運動も規制されるしで辛かったですね。何より、そのことで母親が悲しそうにしていたのが辛かったです。良い風に考えれば、そのおかげでメンタルも強くなったしツライ思いをしている方の気持ちもわかるようになりました。話は戻りますが、最近ではゆるい格好が流行っていることもあり、トップスもゆるめのものがたくさんでていて側湾症が目立ちませんよ。あとはヘアスタイルですね。ロングにすることでも首回りのカバーとなるので、ぜひ試してみてください。

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    スカーフはどうでしょか

    Tシャツやブラウスの上からスカーフを巻くのはどうでしょうか。スカーフは色々なものが売っています。薄手の物、ガーゼ生地、紫外線防止機能付きなどです。色や柄も托さあって迷うほどです。そして、鏡を見て巻き方を変えてみると隠したい部分を隠せると思います。日によって結び方を変えてみるのもおしゃれです。
    室内でも外でも楽しめるおしゃれです。大判のものは背中も隠せます。
    好きな洋服の上からできるので、きっと満足できるおしゃれになると思います。冬場はマフラーで夏はスカーフやショールを活用しましょう。冷え防止にもなります。

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    服の中で身体が泳ぐくらいゆったりしたものを

    今主流のシルエットはビッグシルエットです。
    服の中で身体が泳ぐくらいゆったりしたものですね。
    もちろん、身体に沿う基本的なシルエットもありますが、相談内容から、このビッグシルエットを使わない手はないと思いました。
    肩のラインが下がっているものや型そのもの大きなものまで、いろいろなものが出ています。
    大抵、後ろ身頃が少し下がってゆとりがあるタイプですので、背中にあたる部分は突っ張ることなく着心地も問題なく思えます。
    また、肩を気にする必要のないドルマン袖も良いですね。
    脇や背中にゆとりが出て、身体のラインを拾いにくいです。
    アウター類も着流しやローブタイプなど、フワリと羽織るだけで様になるものがたくさんありますよ。
    顔周りもストールなど持って来れば、タートルネックに拘らず幅が広がりそうです。
    これは夏でも日よけや冷房対策として違和感ありません。
    また、いっそのこと服装だけに限らず、髪型で気になる部分を目立たなくする方法もありだと思います。
    美容師さんなどに相談できれば、きっと似合った髪型を見付けてくれると思います。
    いくつになってもどんな体型でも、女性であればオシャレを楽しみたいですよね。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    自分が好きだと思うものを着ること

    どんな時でもオシャレをすることは楽しいですし、生活も豊かになって気分もあがりますよね。
    まず大事なのはやっぱり好きなものを選ぶことだと思います。障害があるなし関係なく例え似合っていようといまいと、好きなものを着るのがオシャレを楽しむコツだと思います。その中で次に自分に似合うものはどれだろうかと選んでいけばいいと思います。
    その際のポイントとしては、シルエットが線よりも円のような感じになるものがいいんではないでしょうか。あくまでイメージですので、完全に丸だとおかしくなっちゃいますけど、丸みを帯びているようなゆったりしたデザインなら側弯症でもあまり目立たず着れると思います。

  7. 7. 名無しのイケジョさん

    体のラインが見えない洋服でしょうか

    おしゃれを楽しみたいのに、着れる洋服を考えないといけないというのは大変だと思います。
    それでも、どうすればおしゃれができるか考えている相談者さんはすばらしいと思います。

    夏の時期になると、どうしても体のラインが見えてしまう洋服だと気になるのかなと思いますので、インナーは汗を吸い取りやすい体にフィットしたものを着用して、その上に、体のラインが見えないようなザックリと着れるカーディガンやチュニックなどのようなものにしてみるのはどうでしょうか。

    また、レギンスをはいて、上はふんわりとしたトップスを着ていると、女性らしく可愛らしい感じに見えると思います。

  8. 8. 名無しのイケジョさん

    思い切って好きな服を着る

    背中の側弯症と斜頚が気になるのですね。タイトな服やジャケットを着ると目立つので、なるべく目立たないようなものを着たいということですが、私の考えですが、ファッションは、楽しむものであると思います。コンプレックスを隠すという側面もありますが、なによりも、着たい服を着て気に入った服を着てお洒落をして気持ちを高めることが大切だと思うのです。なので、身体を隠すことを考えるのではなく、なによりも着たい服を着て楽しむということをすればいいと思います。自分に自信をつけて、何事も楽しめば、きっと、身体のことは気にならなくなっていくと思います。

  9. 9. 名無しのイケジョさん

    隠すより綺麗に見せる努力を!

    まず、お洋服についてですが、シャツや、ニット、カーディガンなどのファッションアイテムを重視するよりも、素材感でアイテムを選んだ方が良いです。

    体にフィットするものではなくて、体のラインわ拾わない素材です。
    これは、背骨の歪みだけでなく、肥満の方や、ボディーライン全般を見せることに抵抗がある人にオススメです。

    お顔の歪みを気にしているようですが、お洋服で隠すよりも、例えば目が大きくてチャームポイントになるなら目を、唇が綺麗な形ならリップをより綺麗に見えるように強調したほうが、そちらに人の目線が集まるので、良いところを磨くほうが魅力的に見えますよ。

  10. 10. 名無しのイケジョさん

    おしゃれは、人目は気にせず自由に.

    おしゃれは女の子の楽しみの一つですよね。考えるだけでも楽しいのがおしゃれですよね。おしゃれって人から見ておしゃれ、というのもあるけれど、じぶんで楽しむおしゃれもあって、それでいいんじゃないかって思います。おしゃれ、って人とちょっと違うっていうのが前提にあってのことだから、同じ形とか同じ組み合わせって必要ないでしょう。自由に着回すのがおしゃれでしょ。回りの目はを気にしたおしゃれは、おしゃれじゃないのではと思いますが、どうでしょうか?自信をもって、好きなものを身につけておしゃれはしてみてはどうでしょうか

  11. 11. 名無しのイケジョさん

    体型を隠すファッション

    隠したい気持ち、理解できます。
    しかし隠そうと思う気持ちが先頭に立って、おしゃれの幅が狭まってしまうのは嫌ですよね。
    冬は厚手のコートなど着ることができると思うので、あまり気にならないかもしれませんね。
    夏場どうしても薄着になってしまうので、考えられる案としては、ボリュームのあるストールを、いろいろな巻き方で楽しむのはいかがでしょうか。
    巻き方の種類は本当にたくさんありますので、ぜひ試してみてください。
    あとは髪型とアクセサリーで顔周りを隠す方法もあります。
    大ぶりのピアスやイヤーカフをつけたり、巻紙を横に流したりすると、顔周りが隠せますよ。

  12. 12. 名無しのイケジョさん

    ふんわりとした素材と色で外して

    まずはチュニックなど、ラインの見えない洋服が基本になると思います。サマーチュニックもありますので、夏場も結構涼しいですよ。そして、タートルネックではなくストールにしてみてはいかがでしょうか。ストールの方が柄や色の種類も豊富ですし、これなら夏場も大丈夫。巻き方を変えれば色々なアレンジのおしゃれも楽しめます。
    あとは色や形で視線を外しましょう。ワイドスリーブの洋服など、どこか目立つポイントがあると良いですね。色も、洋服はベージュやくすみピンクなどでシンプルにまとめて、バッグを濃い色にすれば視線をうまく散らすことが出来ます。