主人に服がダサいと言われました。シンプルでもダサく見えない着こなし方はどんな感じでしょうか?

   相談投稿日:2018年2月25日

結婚1年目の主婦です。自分なりにおしゃれに気を遣っていたつもりでしたが、主人に「もう少しまともな格好できないの?ダサいよ」と言われショックを受けています。ダサいと言われた時の服装は、シンプルな白いシャツにカーディガン、デニムのフレアスカートです。もともとシンプルな服が好きなので、ベーシックな格好が多いです。主人はどちらかというと派手な服が好きらしく、花柄のシャツや赤いパーカーなどを着ています。主人のご両親も主人も服が好きでたくさん持っているので、私のような地味な服はダサいと思うのかもしれませんが、私から見たら主人の花柄のシャツもどうなんだろうと思います。私がダサいのか、主人の嗜好が変わってるんでしょうか?友人などにはダサいと言われたことはありません。シンプルでもダサく見えない着こなし方はどんな感じでしょうか?

    みんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    ダサいという印象は全然ないです

    これは旦那さんがデリカシーがない様に感じます。奥さんにそんな風に言うこともないと思います。服装を想像した感じ至って普通な感じがします。旦那さんが少し派手な柄が好きなのかなー?という印象をうけました。シンプルでもダサくない格好というとどこかにアクセントを入れる感じになるのでしょうか。靴などに拘ってみるとか。でもお互いの服装の趣味が違うだけであってダサいとかっていう印象はウケないですよ。さり気なくどの辺がダサいと思うの?とご主人に訪ねてみてはどうでしょうか?それでも自分の趣味とは何か違うと思えば、無理に合わせなくても良いと思いますよ。

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    スッキリと体中の首を出してみましょう

    あなたのシンプルな白いシャツにカーディガン、デニムのフレアスカートに対してご主人の花柄のシャツや赤いパーカー。並んでいるのを想像するとお二人がピッタリとコーディネートされているように感じます。どちらも花柄でビビッドな組み合わせだったら、ちょっとうるさいかもしれません。
    もしもあなたの服装がダサいと感じられるとしたら、それは子供っぽいと言い換えることができるかもしれません。
    ブラウスのボタンを少し外して、ネックレスやペンダントをアクセントにして首元をスッキリさせてみてはどうですか。
    カーディガンの袖口を引き上げて、八分袖くらいにして手首を出してみてはどうでしょうか。
    フレアースカートの下の足元は5センチくらいのヒールがついた女性らしい靴で足首を強調してみてはいかがでしょうか。
    とりあえずは身体の三つの首を強調すると、シンプルでも女性らしさがでますので、試してみてください。

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    シンプルさはそのままで、色や小物で遊んでみては

    ご主人からその言葉はかなり傷つきますね。
    ただ人にはそれぞれ好みがありますし、男女でもオシャレの認識はかなり違ってきますよね。
    質問者様とご主人の場合も、シンプル好きと派手好きでそもそも好みが異なるのでしょう。
    私もシンプルな服装が好きですが、髪型やメイクに気を使っていないと、少し野暮ったく
    見えたり貧相に見えてしまうことが悩みです。
    もしかすると、ご主人はそう見えることを「ダサい」と思っているのかもしれませんね。
    なので、今のスタイルに少しだけ色味を足したりするだけでも、ぐっと印象は変わると思いますよ。
    鞄や靴に赤などの差し色を入れたり、華やかなイヤリングをつけるだけで、
    シンプルかつこなれた感じのオシャレさが出せるのではないでしょうか。

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    ご主人と好みが合わないんですね

    シンプルな服装、私も好きでよくしています。そして私も主人にダサいと言われています。なにがダサいのが聞いたところ、シンプルすぎる無地すぎてつまらないとのことでした。なのでなにか一つ柄物を取り入れるように心がけています。派手な柄を急に着るのは抵抗があるので、小花柄の淡いブラウスとか、カーディガンをボーダーにしたりと、出来ることから変えています。すると前ほどダサいとダメ出しされなくなりました。
    ご主人の好みもあると思いますが、一度聞いてみると良いと思いますよ。アドバイスをくれればこれからの参考になり役に立つ意見だと思います。

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    一緒に買いに行くのもいいかも

    服の好みって色々ですよね、ご主人がダサいのかもしれませんが言うのは揉めるのでやめときましょう。友人にダサいと言われたこともないとのことなので、今まで問題なかったので大丈夫なのでは。あまり真面目に考える必要もないと思いますよ。ただ「ダサい」と言われたままになっていますので、きちんと考えを言わないとずっと足を踏まれたままみたいで気持ち悪いと思います。ケンカをする必要はないですが、人の服に口出さないからわたしの服にも口出さないでというルールを決めておくのもいいかもしれませんね。あとご主人が好きなら、それを口実に「一緒に買いにいって~」と甘えるのもいいのでは。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    思いきってチャレンジしてみては

    きっと、旦那様は自分と同じようなちょっと派手目なファッションが好きなだけで、シンプルな服がご自分の中であまりレパートリーとしてないだけなのだと思います。奥さまの格好はダサくありません。ただ、旦那様が自分の好みになってほしいとゆう意味でダサいとゆってしまったのだと思います。

    なので、一緒にお買い物に行く時などに、どれが似合うかな?と、相談されてみてはいかがでしょう。
    もちろん、ご自身が全く着れないような服では気分も上がらないので、これなら着れるかなぁ…とゆうファッションから始めてみてはどうでしょうか。

    私も、元々シンプルでモノトーンな服ばかりだったのですが、旦那が柄や原色が好きで、今では私も派手目なファッションも結構着ていますが、気分も変わって楽しんでますよ(笑)

  7. 7. 名無しのイケジョさん

    あまり気にしなくていいと思います

    あまり気にしなくていいと思いますよ。
    あなたはシンプルな服が好きでご主人は派手めな服が好きというだけのことで、服の趣味が違うんですよ。
    私はシンプル派です。
    シンプルな服の方がいろんなものと組みわせれるしいいですよね。年を重ねても着れますし。
    あなたもご主人の服装はあまり好みではないようなのでそれはそれでいいと思います。
    ただ、あまりにも文句を言われると嫌な気分になりますね。
    そこはお互い服の趣味が違うだけなんだから、別にいいじゃんと言い返してしまいましょう。
    あなたはきっとダサくはないですよ。自信持ってください。

  8. 8. 名無しのイケジョさん

    旦那さんと一緒に買い物へ行く

    想像する限り「白いシャツにカーディガン、デニムのフレアスカート」全然ダサいとは思いませんよ。
    旦那さんとの好みの違いからそう言われてしまったのでしょうね。
    それでもダサいという言葉を旦那さんから言われるとショックですよね。
    どんなスタイルをしても好みが違うとダサいと言われかねないので、旦那さんと一緒にお買い物に行くというのはどうでしょうか?
    そこで好みなどお互いに意見を出し合って購入するとお互い納得のいくスタイルが出来るかと思います。
    シンプル好きと派手好きではなかなか大変かとは思いますが、旦那さんの好みもはっきりと分かりますよ。

  9. 9. 名無しのイケジョさん

    派手好きはスルーしましょう

    相談者さんの旦那さんは派手な色味や柄が好きなのですね⋯。第三者からすると旦那さんの服のセンスの方が悪いと思います。そしてそんなセンスの方から言われてしまうと傷ついてしまいますよね。
    つまり相談者さんはすでに十分センスがあると思いますよ。それでも着こなし方が気になるようでしたら、シンプルでお値段もリーズナブルなユニクロのホームページなどが参考になると思います。
    ユニクロも売っている商品はシンプルで柄物があまりないので多くの方に人気ですよね。ホームページを見ると例えばカーディガンの着方は様々で腰に巻いていたり、肩で結んでいたりと非常に参考になりますよ。

  10. 10. 名無しのイケジョさん

    ご主人にも服選びにつきあってもらうのもいいですよね

    はい、同じく大シンプル好きです。シンプルイズベスト、です。ださい、というのは言い過ぎですよねー。誰でも自分は正しい生き方をしているという思い込みはあるもので、ご主人も「せっかくお金出して買う服なんだから楽しまないと!」くらいの気持ちなのかもしれません。それはそれで理解できます。けれど、女性は感情重視する傾向もあるので、「着ていて心地よい服」は魅力があります。まず、着る自分の気持ちが優先ですし。なので、
    「あなたの服を引き立てるためにも、私はこっちのほうがバランスがとれると思ったんだ」と言うのも手。
     ご主人の言うような服にチャレンジしたい優しい相談者様は、「私はいつもこういうの選んじゃうから、今度一緒に見にいってくれる?」とコミュニケーションを図るのもいいと思います。

  11. 11. 名無しのイケジョさん

    シンプルが好きならクールビューティーを目指しましょう!

    おしゃれは人それぞれ個性が溢れ出てくるもの。
    自分が好きと思って着ているお洋服を否定されてしまうのは悲しいですよね…
    シンプルなお洋服が好みであればクールビューティー系でいってみてはいかがでしょうか?
    ご主人に指摘されてしまったときのお洋服を例えにするとカーディガンというはどうしても
    ゆったりな感じで、時にはだらしなくみえてしまうのでジャケットに変えてみるときちっと
    感がでていいと思います。
    愛するご主人のために少しご主人の好きな花柄など白いシャツをワンポイント変えてあげる
    というのも喜ばれると思うのでおすすです!

  12. 12. 名無しのイケジョさん

    そのままでいいと思いますが

    シンプルな白いシャツにカーディガン、デニムのフレアスカートって、とってもおしゃれだと思いますけど。ダサいと言われるような服装では、絶対ないです。どちらかというと、ダンナさんの花柄のシャツや赤いパーカーなどのほうが奇抜だと思いますけどね。特に男性が花柄を着るのは、ハードルが高いと思いますが。。。華奢な男性でないと似合わないと思いますけど。要するに、ダンナさんはあなたに派手になって欲しいんだと思います。花柄とか柄物とか、あと色ですね。ただ、ファッションって自分が嫌いだと着ていても苦痛ですよね。もし、派手にもトライしてみたいというならやってみるのもいいと思いますし、小物だけ派手にするという計画もありますよ。

  13. 13. 名無しのイケジョさん

    アクセサリーで派手さを演出

    ご主人からのダサイよの言葉、傷つきますね…。シンプルな服装、素敵だと思いますよ。白シャツなんて似合うのはスタイルがいい証拠だろうし、デニムのフレアスカートもとてもオシャレだと思います。それでもダサく見えない着こなしが知りたいと思うのはご主人への愛情でしょうね、素敵です。
    花柄のシャツや赤いパーカーを着ているご主人は目立つ格好が『オシャレ』だと思っているのでしょうね。オシャレは本来、その人の美しさを引き立てるだけの為なんですが…。
    そういうご主人に合わせたいなら、彩りのいいアクセサリーはいかがでしょう?白いシャツにお花がいっぱい付いた彩り豊かなネックレスをつける、髪の毛に赤やシルバー、ゴールドのヘアアクセを付ける、等です。パッと目を引くアクセサリーを身につけるだけで、服装は変えなくても少し派手になれますよ。

  14. 14. 名無しのイケジョさん

    服には好みがあります

    私もシンプルな服装のほうが好きなので、ご主人の花柄にはビックリしました。
    男性の花柄シャツってどんな感じなんでしょうか?
    あまり見たことがないので気になります。
    シンプル好きと派手好きは、あくまで好みの違いであって、ダサいというのとは違うと思います。
    まだ新婚さんのようですが、結婚前は服に関して何も言われなかったのでしょうか?
    失礼ですが、あまりにも好みの差が大きいので、第三者から見ても正直不安です。
    シンプルな服でも地味に見えないようにするには、ワンポイントで柄物を着るか、バッグやストールなどで明るい色を使ってみてください。

  15. 15. 名無しのイケジョさん

    アクセサリーを取り入れてみては

    ご相談者様のコーディネートは決してダサくないと思います。服の趣味はひとそれぞれですから、あなたかご主人のどちらかが感覚がおかしいということではありません。
    ですが、夫婦間で趣味が合わないと悩んでしまいますよね。
    シンプルなコーディネイトは上品で素敵ですが、華やかさを演出するためにアクセサリーを取り入れてみてはいかがでしょうか。シンプルなシャツの胸元にきらりと光るものがあると印象が変わりますよ。
    あるいは、コーディネートの中の1アイテムだけご主人のおっしゃるような少し派手な柄のあるものにしても良いでしょう。

  16. 16. 名無しのイケジョさん

    筋トレを始めてみるのは?

    私も全く同じ体験をしました。主人に服がダサいと言われてショックを受けたことがあります。新婚なのに。。そこで友達のファッションを研究しました。シンプルでも綺麗に着こなしている人をみると、皆、スタイルが良かったんです。たしかにスタイルが綺麗だとシンプルな服でもどんな服でも似合うなあと実感しました。そこで私は毎晩、主人に隠れて筋トレを始めました。まだまだスタイルの変化に実感はありませんが、未来の自分を想像して頑張っています。スタイルが変わると気持ちも上がりそうなので筋トレを始めてみたらどうでしょう?一緒に頑張りましょう!