イケジョ通信
お悩み相談

彼と味覚が違いすぎて悩んでます

彼氏が最近よく家にご飯を食べに来ます。
私は一人暮らしで、よく料理をするのですが彼氏と味の好みが違うので困ってます。

ちなみに私は煮物は甘めじゃないと食べれません、しかし彼は醤油多めの煮物が好きで甘い煮物を作って食べてもらった時に甘くて自分には無理だ、と言われてしまいました。

こういう場合味付けはどのようにすればいいのでしょうか。

    「彼と味覚が違いすぎて悩んでます」に対するみんなの回答

  1. 1. 名無しのイケジョさん

    これはなかなか難問ですよね!
    食べ物の好みや味の違いはこの先ずっと続くものです。
    相手の好みに合わせてしまうことが一番手っ取り早いですが、自分に相当なストレスがたまります。
    味の好みにさほど影響がない食べ物(例えば、シチュー、餃子、トマトパスタ、焼き鳥、、焼きそばetc)や出来上がりのものに各自味を追加出来るもの(例えば、麻婆豆腐、野菜炒め、焼き肉etc)をメインに作るようにしてはどうでしょうか。
    味の好みが分かれやすいメニューは控えるようにして。
    そのうち「今日は私好みの味付け~」「今日は〇〇君好みの味付け~」とチラホラ出すようにしてみると良いと思います。

  2. 2. 名無しのイケジョさん

    味覚が違うことは小さい頃からの育ちの違いでもあるので、お互いに妥協するのはとても難しい問題だと思います。
    しかしあなたは彼氏さんのことをとても愛しているので、彼のために美味しい料理を作りたいという気持ちがよく相談内容から伝わって来ました。
    そんな時には、ぜひ煮物の味を薄めにあえてつけることをオススメします。
    なぜなら薄めの味付けであれば、あなたも美味しく食べられるでしょうし、彼氏さん自信が自分のお皿の上で醤油や塩をかけていくらでも濃い味付けに直すことが可能だからです。
    濃いめに初めから作って自分自身がつらい思いをする必要は全然ありません。

  3. 3. 名無しのイケジョさん

    味覚がぴったり合う!という人は、異性に限らず、同性でも、なかなかいないとは思いますが、まったく合わないとなると困りますよね。
    そんな2人が納得できるように、2人が(おいしい!)と思えるものを探すデートをしてみては、いかがでしょうか?

  4. 4. 名無しのイケジョさん

    味覚や味の好みは人それぞれですが、同じ料理を別々の味付けで作るのは面倒ですよね。
    かといって、どちらかが我慢するのも不自然だし、あなたの悩みはよくわかります。
    私たち夫婦も最初はそうだったのですが、私は徐々に味を変えていきました。
    あなたの場合を例にとれば、最初は彼の味に合わせて作り、以降作るたびに段々と甘くしていったという事です。
    そうして私と主人が二人とももおいしいと思う味付けがいつの間にやら定着しています。
    不思議な事に、人間というのはだんだんと味に慣れていくものです。
    徐々に味を変えていって、二人が折り合える味付けに到着してくださいね。

  5. 5. 名無しのイケジョさん

    極端に彼の好みに合わせて味を変えなくても、少しずつ彼好みの味に近づけることはできると思います。
    まったく味の好みが一緒、というカップルがどのくらいいるでしょうか。
    皆さん多かれ少なかれ好みが違うものと思います。
    味覚を合わせている人も多いのではないでしょうか。
    特に自分が作った料理は美味しいと言ってもらえないと、寂しくなりませんか。
    食べてもらいたい人の味覚に近づける方が良いと思います。

  6. 6. 名無しのイケジョさん

    一緒に暮らして毎日あなたの料理を食べさせれば、だんだんあなたの味覚に変わっていきます。
    世の中の夫婦はそういう人の方が多いと思います。
    料理は作る人が好きなように味付けをするものなので、それでいいと思います。

この相談に回答する

人の不快となる様な内容ではありませんか?

あなたの悩みを投稿しよう
付き合って8ヶ月の彼氏がいます。 来月から彼は転職し、その職場では 会社の付き合いでキャバ… 彼氏の、「アイドルがいきがい」発言についてです。 私の彼氏は、ドルオタです。 私… 今日、ある教科の席替えで彼氏とグループが同じになりました。 その授業では机が横に… 彼氏が女友達と仲良くするから嫉妬します。 彼はものすごくイケメンで男女共にモテま… 彼氏の束縛がすごい件。昔からの友達を切るべきなのでしょうか 彼氏の洋服や靴の趣味が受け入れられず困っています もしかして同性愛者なんでしょうか? 今の彼氏は、… 私には付き合っている彼氏がいます。しかし!その彼…